いぬいブログ

乾 東一郎(いぬい とういちろう) 「部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。」 「生徒の在校時間の見直しをしよう。」 ブラック部活,教員のうつ病,など 「部活動の不思議を語り合おう」–長沼豊 (著)p114に1ページ丸ごと紹介されています。

いぬいブログ イメージ画像

更新情報

最近,大学の先生や新聞記者の皆様も閲覧されている。昔みたいにふざけた記事を書けなくなった。言いたいことはここに書いてあるので,ご覧ください。 ★部活問題の現状と改善策  ★5つのメリット 部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。★東日本学

今アメフト事件もなんだったっけ?大阪の主務教諭もなんだったっけ?大阪の「いつまでも最下位でいいと思うなよ」もなんだったっけ?運動部活動のガイドラインも「そのうち」なんだったっけ???20年前土曜を休みにした経緯もなんだったっけ?総合的な学習の時間を導入した

「あまり気にしないでください」の名言ですね。ブログは脳の何だろう? 答えは「  」アクティブラーニング(すでに古い)で考えよ。プチ鹿島さんの言い得て妙な表現をメモ。東京ポッド許可局でちょくちょくおっしゃっていて、その度に感心しています。・Twitterは脳のおな

副担任をしていた時,嫌だったこと。ますはですね・・・ どうして副担任になったかというと,〇〇業務に際してリーダーになったがゆえに,担任する暇ないだろ!となってしまったことです。しかしですねぇ・・・。今日はだらだら書きます。生徒から見たら担任ではないので暇

一番の魅力は,人前でしゃべることができることだろう。それも吸収力がある生徒の前で。大人は知識と経験からあまり聞こうとしない。というか,学生時代に散々聞いていることの応用版を聞かされているみたいで聞かないのだろう。講演会でしゃべっても所詮動員された人たちだ

コンビニ人間を再び読む。コンビニ人間村田沙耶香淡々とコンビニの仕事をする主人公。「仕事観」をくつがえす作品です。学校に必ずいる生徒。近所に必ずいる人。教育業界にいると主人公の姿が本当に「おおおおおおっ!!」と思う。https://blogos.com/article/186789/彼女が

NHK ウワサの保護者会見逃した。他の人のtwitterを見る限り,堂々巡りのような感じと推察。テレビ,新聞が報道し続けるのが大切だけど,いまのところ部顧問をする,しないを表明できる風土はないなあ------いまのところ,外部移行に全力を尽くすべし。校内では,部顧問拒否

ありがとうございました。386票•最終結果Twitter界隈の人の意識がわかりました。初日は圧倒的に,主幹,教諭,講師が多かったのに,じわじわと管理職が増え,20%まで行きました。11/4にブログにも関連する記事を書きましたが,この数字をどう見るか,今後の参考にしたいと

管理職になりたい理由・20年以上,担任&授業 そろそろ飽きた・違う世界が見たい・自分の理念を少しでも実現させたい・給料が高い・生徒指導が間接的になりラク・上司が年下なんて「ありえない」・名誉欲教諭のままでいる理由・担任&授業が好き・管理職は雑用が多い・管理

先日ガイドライン関係について改めて文書が学校から出た。4月にも似たようなものが出たが,本当に改めて出た。学校外からの外圧がかかったとしか思えない。『配付された文書の概要』土日のどちらかは休み。(大会除く)土日の練習は3時間以内平日は1日休み(大会が土日あれ

この4月に交渉したおかげでというか・・・ずいぶん前から部活に関しては徐々に整理したので。土日は時間を確保できる。とはいえ,部活のこともしています。絶妙なバランスで。大切な人との大事な時間を共有することもできるようになった。今思えばあの部活ってものは悪魔のよ

給特法について。これについてあまり書かなくなった節があるが,最近は書かざるを得ないと思う。給特法を盾に,部活を断ることができる。・・・正しい。しかし上位の労基法で断ることもできる。(←趣旨は少し変わる)もちろん採用時の募集要項を見て断ることもできる。では

50歳代の現実 バブル期に採用されたので,そこそこ人が多い。 管理職になっても教頭どまり。 主幹の試験も落ちる。40歳代の本音 氷河期世代に採用されたので,若い時にこき使われた。 管理職などならず,のんびり暮らしたい。30歳代の勘違い 俺は能力があるから,抜擢
『就職氷河期』の画像

組体操が禁止になって2年くらいたつだろうか。当然のことで,教育委員会は英断を下したと思う。前提:組体操は,やめるべき。どのような指導しても危険だ。回想数年前,5段ピラミッドを6個作る練習をしていた。(ピラミッドA~F)指導者は講師経験が少しある初任者。体育科だ

他校の先生ではあるが,勤務歴5年以内の先生と部活問題について話した。一番の問題は・保護者への連絡という点に尽きた。 部活内の問題,試合の日程,お金の話,など煩雑で困るということだった。まあそうだろう。そして生徒指導。部活内での問題は学級内の問題より複雑化す

まだ職員には降ろされていない資料(部活動ガイドライン 自治体レベル)が回ってくる。内容を見ると土日どちらか休み。平日一日休み。大会など土日の両方に入ると 平日2日休み。という感じである。平日は2時間程度 休日は3時間程度いたって普通。-----ただし,違和感があ

教員採用試験を合格するということに関して,今は非常にハードルが下がっている。それでも国立や有名私立を卒業した初任者が多い。彼らの通っていた高校もなかなかの優秀な学校である。でもね 病気になって学校に来れなくなるんだよね。仕事が忙しすぎるから,というのと,

卒業アルバムの係というのが学校にはある。何が大変かというと,全員が写っていないといけないのだ。つまり,集合写真に全員がいなかったりすると取り直し。写真屋さんとの打ち合わせが必要になる。部活もそう。全員そろっても,ユニフォームを忘れたら撮影中止。大会なら全
『卒業アルバムで疲弊する』の画像

↑このページのトップヘ