いぬいブログ(部活問題)

乾 東一郎(いぬい とういちろう) 「部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。」 「生徒の在校時間の見直しをしよう。」 ブラック部活,教員のうつ病,など 「部活動の不思議を語り合おう」–長沼豊 (著)p114に1ページ丸ごと紹介されています。

いぬいブログ(部活問題) イメージ画像

更新情報

最近,大学の先生や新聞記者の皆様も閲覧されている。昔みたいにふざけた記事を書けなくなった。言いたいことはここに書いてあるので,ご覧ください。 ★部活問題の現状と改善策  ★5つのメリット 部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。★東日本学

全く同じ行事を何度もやっているが,今回は特別だった。とてもよかった。何でも部活に絡めると言われても言う。書く。”部活を軽くやっているから生徒の状態が見える。”たかだか20人程度の部活と何百人動く行事とはわけが違う。心に余裕があると,トラブルが起きても,落ち

無駄な業務とは思うが,今の部活運営で満足しているので,数年間は部顧問拒否はしない。55歳くらいになれば,部顧問を拒否しようかと思う。ちょっと自分の環境下では部顧問拒否はできないなあ・・・。あと管理職のオファーが具体性を帯びてきたら,部顧問拒否とか無くなって
『クラゲ』の画像

教育課程外の部活やってるくらい暇なんでしょ。だから,予算も人員も増やさないよ。by財務省p433.文教・科学技術公的支出の水準が主要先進国と比べて必ずしも遜色があるわけでもない。 これらのことを考慮すれば、真の課題は、予算の「量」ではなく、予算 の「使い方」

予算だねえ乾 東一郎/いぬいブログ@inui_to_ichiroいじめに関する法律を読んだら、加害者は別室で授業を受けさせることが可能のようですただし別室で教える先生は、予算化されません2019/01/05 13:01:07  

ブログをやめようと思ったことがあるが,その理由は,今日あった出来事を書けない。生徒のことを配慮したら,「今日こんなことがあった」なんて書けるもんじゃない。------書くことは全く苦痛ではない。 だから,今日見たネット動画について書きたいと思う。我々が部活のブ

今日から仕事に入った。もちろん年休を取る人もいる。仕方なく来ている人部活が好きで来ている人新学期の準備の人行事の細かい提案を考えている人しゃべっている人昼夜逆転の矯正に来た人よくよく考えたら,カオスである。私は,ちっちゃなテストをつくったり,印刷したり,

おだやかな正月を過ごしました。年末は多忙でしたが。マウントされるのが嫌い,という感じを抱いた正月でした。twitterを見ると,義父,義兄からマウントされる!とか散見されますね。今年は,年度末の同窓会には参加しませんでした。昨年,マウントしてくる奴がいたので,嫌

文化部ガイドライン,運動部ガイドラインについて,かなり考えました。このままでは,平日1日休み土日どっちか休み大会は例外扱い超勤4項目については,スルーの可能性が高い。と踏んでいます。大幅な制度変更にならないのではないかと思います。ただし・・・。今の状況を考
『文化部ガイドライン,運動部ガイドラインの前提として勤務時間』の画像

1年前くらいから言われているように・部活顧問は外部指導員がしても良い。つまり先生はしないでいい。 でも指導員の人数が少ない。 生徒は長時間学校にいる。 長時間勤務につながる。・運動部ガイドラインで,時間短縮は謳ったものの,生徒間トラブルや部活推薦など,部活

そもそもだけど,部活問題で立ち上がったんじゃないの?問題の大きさは,部活問題>給特法 じゃないの?部活問題は顧問を,「する」「しない」の選択を与えよ。といういたってシンプルなもの。個々の付属品として,部活の外部移行や地域サークルという発想が出てくる。給特

部活顧問を断れないので困っている。勤務日ではないのに部活をしている。これにより先生が困る。先生が困っているならば,当然生徒も困る。それなら部活ができるくらい人を雇えばいいのだが,財源がない。それなら,優先順位をつけるしかない。はっきりとした教育課程である

冬休み,近所の中学校では,運動場に人だらけ。部活顧問をしたくねえなら,しなくていい。変な目で見られても仕方ねえからな。上の言葉に尽きてきた感がある。もう,部活の現状を世に知らしめることはできた。私よりも,大物がいっぱいしてくれた。マスメディアも動いてくれ

私はCさんになりたいのに,なぜかAさんがRTされる謎。同僚との関係が最悪になったら,仕事もできないだろうに。ただね,Aさんのようであっても仕事が円滑に進むのなら問題ないんだよ。むしろAさんが普通に働ける環境にせねば。乾 東一郎/いぬいブログ@inui_to_ichiroうーん

(某学校より伝え聞いたこと. 小中高?言いませんよ。)事実:若い先生が悩んでいる。若い先生の部活でクレームが来た。?なこと。ある保護者は,若い先生にはクレームを言い,年配の先生にはクレームを言わない。クレーム内容は,部活内トラブル・・・・・生徒間トラブル・
『自分の能力の限界を超えると「生徒のため」にならない。』の画像

経験のない競技の顧問だから,土日の休みがつぶれるから,部顧問をしないと,後ろ指さされるから顧問をしたら,一定間隔でクレームが来るから,などなど,部顧問についての不平不満を何度も言ってきた。最近の周りの様子を見ると↓部活顧問をしません(きっぱり)↓後ろ指を

指導主事クラスの人たちは,教委でクレームを受ける係を1年間。初任者研修担当を2年間。ナントカ展示会の役員を何年間。授業がうまかった人も多い。生徒指導力もあった。カウンセリングマインドもあった。なのになぜ,今,そんな仕事をしている??(誰かがしないといけない

以下のブログを書きましたところ,部活に苦しんでいる先生からは,「あるある」という反応。そして部活問題を考え抜いて顧問拒否か拒否に近い状態の先生からは「昔からそんなことはあったな。関わるからいかんのじゃ。」みたいな反応。ちょっと前までは,踏み絵のように怖が

ある大会の日(日曜日),その顧問は嫌な場面を目撃した。部活動指導員(外部コーチ)が,「昨日の練習を思い出せ! あの作戦で行こう」生徒たちが一様にうなずく。顧問はどんな作戦か知らない。「?」状態。土曜日の午前中は3時間練習した。十分な内容だった。(・・・だか
『「ガイドラインを盾にして,あの顧問はサボっている。けしからん。」』の画像

あの恥ずかしながら趣味がございません。小学校~高校までかなり打ち込んだものが2つありましたが,今思うとなんでそんなことに打ち込んでいたんだと思います。たしかに,部活がなければ,20代から何か趣味を始めていたのかもしれませんが,ああ本当に休みの日は授業準備とブ
『65歳まで定年が伸び,年金支給が70歳だとすると,69歳まで働かねばならぬ。』の画像

↑このページのトップヘ