高校教師いぬいのブログ(部活問題)

乾 東一郎(いぬい とういちろう) 「部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。」 「生徒の在校時間の見直しをしよう。」 ブラック部活,教員のうつ病,など 「部活動の不思議を語り合おう」–長沼豊 (著)p114に1ページ丸ごと紹介されています。

高校教師いぬいのブログ(部活問題) イメージ画像

更新情報

最近,大学の先生や新聞記者の皆様も閲覧されている。昔みたいにふざけた記事を書けなくなった。言いたいことはここに書いてあるので,ご覧ください。 ★部活問題の現状と改善策  ★5つのメリット 部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。★東日本学

ブラック!ブラック!と言い続けてきて,ようやく「全員顧問制度は極めてパワハラに近い」となった。「万が一訴えられたら,面倒なことになりますよ」と管理職内で当然話し合われている。このチャンスを逃してはならない。今度の3月の部顧問就任の攻防は,「独身で,現在土

ざくっと・・・。この辺がポイント!17年度から北九州市が中学で「部活動指導員」制度を導入したが、休日の指導や引率に限定しており、顧問は教員が務めている。いわゆる『部活動指導員』をすべての中学校・高校に1人ずつ配置というのは,全国的にみてもかなり評価できる取

12月から1月のまとめ記事中教審(中間まとめ)関係が多いなあ。やっぱりA:部活問題を世間に問うて理解を広める →法律ができる →段階的地域移行  または民間移行B:教師個人個人が部顧問を拒否する →段階的地域移行  または民間移行AとB 両方ですね。体が持たない
『中教審から提言まで。最近のまとめ記事。』の画像

21世紀を展望した我が国の教育の在り方について中央教育審議会 第一次答申 目次http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chuuou/toushin/960701.htm平成8年7月19日中央教育審議会 すべてはこの審議会の答申から始まったのかもしれない。週休完全2日制度が始まって以来,

---部活問題このまま放置しておけば,今と変わらない。個人の意識が変化しても,変化しない人との一進一退が続くだろう。つまり文科省が提言することに加えて禁止をしてくれないと,超過勤務は未来永劫に続くと思う。常に言っているが,部活指導したい先生たちは,私生活の範
『	 文科省は大胆な提言に加え,禁止令を作ってほしい(情けないけど)』の画像

そういえば,盆も練習していたな。近所のテニス部(ソフトテニス)やめればいいのに。( ´-ω-)y‐┛~~も~ーーー中学の部活「土日平均5時間以上」10年前の2倍以上に | NHKニュース https://t.co/Gu60OZxynW— 乾 東一郎/高校教師いぬいのブログ (@inui_to_ichiro) 20

組体操終焉が決まったとき,多くの知人から職員会議の様子を聞いた。あれは会議ではなく,禁止命令だった。だれも,組体操存続を訴えなかった。ほっとした空気が流れた。数時間後の思い・・・理論上,学校内の会議で廃止することができたものなのに,教育委員会からの命令が

学年がうまくいくには?ある時期,うまくいく学年を持ったことがあった。学年の先生方の特徴・落ち着いている・判断が冷静(白黒はっきりつけるが,灰色も認めている)・ムダな出張に行かない・突然休まない・体調管理ができている・笑いが上品(人をいじるような発言がない

今年の元部顧問A「部活なくて暇だなあ」B「地域サークルで指導でもしてくるか」C「指導が下手だと言われたの?泣くなよ」D「根性だけで指導してもねえ」E「部活が学校に戻ってこねえかな」F「もういい あんなの トラブルばっかり」G「指導法見直したら?無償で雇ってもらえ
『今年の部活問題』の画像

訳もわからなかった初任の頃,いかつい体育教師が「あいつの面倒は俺がみるから,俺の副顧問にする」あいつ=乾 のことです。パワハラですね。最初の練習試合は車で1時間くらいのところだった。穏やかな風景を見ながら車で走った。鮮明に覚えている。どうして休みの日に生徒
『1年生がやってきた。「応援グッズを忘れたから取りに行きたい」』の画像

以前から部活とカネの問題を書いてきた。例の休日の部活特勤 3時間半以上3600円(標準)部活動指導員の額外部コーチの額   などなど。★NHK  部活の外部委託 指導者の資質は心配なし。財源もほぼ不要。  ★部活動が地域に移行しても新たな予算はいらない。↑ こんな
『部活問題,地域移行と「お金」の話』の画像

乾 東一郎/高校教師いぬいのブログ@inui_to_ichiro#オイコノミア でブラック部活 (Eテレ)部活で鍛えられ世界的選手になった人は,「部活動の良いありかた」を考えようとする。やはり人間は自分の生き方を否定するのは難しいと改めて思う。部活が勤務時間内で終わらないこ

部活が地域移行したら,指導したい教員は勤務校の施設を使うべからず部活が地域移行する。施設は学校が貸し出す。教員は,勤務校で指導すべきでない。 (私のツイートをもとに羅列しました)  1私学助成と部活動推薦と授業料減免 高校が有能な選手に対して,入学金や学
『部活が地域移行したら,指導したい教員は勤務校の施設を使うべからず』の画像

「東日本学校連盟」は部活を廃止しました。 東日本の中学校,高校は「東日本学校連盟」に加入しています。 東日本の校長会と各行政が話し合い、高野連、高体連、中体連、に教員は一切関わらないようにしました。なお社会体育への移行を積極的に進めています。学校施設の地
『「東日本学校連盟」は部活を廃止しました。』の画像

そもそもタイトルが「持続可能な学校~」ってなんだ?今のままだと持続できないって認めているのか?-------新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について(中間まとめ)【案】http://www.mext.go

訳もわからなかった初任の頃,いかつい体育教師が「あいつの面倒は俺がみるから,俺の副顧問にする」あいつ=乾 のことです。弱い立場の者を配下に置く。休日の違法労働をさせる。パワハラですね。最初の練習試合は車で1時間くらいのところだった。穏やかな風景を見ながら車

↑このページのトップヘ