高校教師いぬいのブログ

乾 東一郎(いぬい とういちろう) 「部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。」 ブラック部活,教育時事,PTA強制加入反対,教員のうつ病,など


効率が上がり職務が軽減できる例

私が行った職務軽減の例・・・。いくつか大ヒットを飛ばしているが、汎用的なものを。

例えば、朝、校門の前で、あいさつを先生の集団がしている。生徒は眠そうに登校中。

これを、教室で出迎えをするキャンペーンにする。


そうすると、良いことがある

・朝、教室の掲示物などを貼りかえることができる。
・生徒は通り過ぎていかないので、じっくり話すことができる。
・簡単な事務仕事もできる。
・雨の日もつらくない。


つまり、生徒指導上効果は上がり、負担も軽減される。



生徒指導上困難を極める者だけは、校門か廊下で指導すればよい。そのまま教室まで来ないだろう。
そもそも、朝から来るわけないしね。

そりゃ校門で先生がいっぱい挨拶していたら、地域からの評判はいいけどね。そんなこと言う人は、生徒より地域を向いている。

授業に行っていない生徒の表情も見れるじゃないか!と言いますが、全校集会や行事で十分見ています。廊下でも見ています。



ほらほら、こんな簡単なこと、すぐできますよ。




【学校の仕事の効率化】

以前 いい案を出して,周りから総スカンを食らったことがある。

数年後同じ案を出したら,褒められる褒められる・・・。



これって,時代を先取りしすぎていたと思う。

今まで効率が悪かった。それを改善した。そして負担は減る,効果が上がる!


具体例は書けないが,何年かに一度こんなことが起こる。





---------------


何をやめるにしても,代案がないといかん。

今までやっていたことよりも簡単にそして効果が出るものにしないとね。

いろんな工夫でできる。

成功するとやっかみが出るが,仕方がない。

10打って1つスタンダードになればいいか。




これを部活でやろうと考えて,部活の外部移行を言っているわけだ。

指導好きの教員にも地域サークルで活躍する場はある。

スタンダードにしたいと思っている。


★東日本学校連盟は部活を廃止しました。どうするA子さん?






夜に顧問の集まりがある。

平日に何やっているのかと思いきや、間もなく50歳になろうという、あのお方が。

もういい加減、身を引いてもいいだろうに。

家庭は「ぼろぼろ」になり、残りは部活だけということか。

もしくは、部活と家庭は全く関係ないということか。

ご本人しかわからないこと。ご本人もわかっていないかもしれぬ。私がわかるはずもない。

ただ事実は(ファクト)
詳細も知っているが、家庭はぼろぼろ。
今も昔も同じ競技にご熱心。



だだし、若いころと「熱」の質が違うと思う。



↑このページのトップヘ