高校教師いぬいのブログ(部活問題)

乾 東一郎(いぬい とういちろう) 「部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。」 「生徒の在校時間の見直しをしよう。」 ブラック部活,教員のうつ病,など 「部活動の不思議を語り合おう」–長沼豊 (著)p114に1ページ丸ごと紹介されています。

高校教師いぬいのブログ(部活問題) イメージ画像

更新情報

おそらく,一生懸命育てて,大学を出し,採用試験に何度も挑戦し,晴れて28歳で合格。合格おめでとう。良かったね。本当に良かったね。と言われたはず。しかし、この惨事である。父親の無念は,はかりしれない。父親の音声を聞く限り,本当に感情を抑えていると思う。息子が

http://inui.blog.jp/archives/2648636.html↑ ほとんど同じ内容ですが訂正したものです部活問題に取り組んでいる人は,顧問をする・しないの選択権とか外部移行とか言っている。多くの人たちから聞くには,最終的には部活動が教育課程と時間割に入れられたら,全員で行う。

大田原高校の件については、あまりにも大惨事なので、本当に記事にするのを避けていた。だが、状況がわかるにつれ、自分の中で解禁した。この雪崩事故についてだけ焦点化してもどうしようもない怒りがこみあげてくる。まず、経験豊かな先生の中にいる、素人顧問。しかも採用

校長、教育委員会、文科省が、法令上、「全員顧問と全員入部は任意」と言っている以上、 ↓ ↓ ↓アメリカ様に「部活動は、人権侵害。人類の恥である。」と言ってもらうのはどうだろう?国連で非難決議を出してもらおう。外圧しかない。— 乾 東一郎/高校教師いぬいのブ

校長が週に1日以上休養日を設けるように言った。意見A  数年前は、校長がこんなこと言うなんて考えられなかった。意見B 週に1日以上って言ったって、土日フルタイムで部活して、月曜日の放課後だけ休みにしても意味ないじゃん。 毎日学校に行っているじゃん。今までと一

【部活問題】この2週間程度は、多くの人が部顧問問題で苦しんでいる私が忘れられないのは、子育て中の女性教諭が、大手を振って部顧問拒否をして「部活は生徒指導に有効、うちの子も部活にいれたい」と、のたまったときだーーー上の文章で、部活問題は何ヵ所あるだろうか—
『ある先生が,部顧問拒否をしつつも「部活は生徒指導に有効、うちの子も入部させたい」と言う。』の画像

私の学校について,分掌,部活動が・いつ決定するか・どのような過程で決定するか以上については,書かない。書く必要もないかなぁ。---明日は,4月初日,異動の先生もいる。分掌にしろ,部活動にしろ,どこまで管理職が固めているかわからない。グレーな部分も多いだろう。
『明日の参考になればいいけど。「勤務時間外と時間内の線引き」』の画像

本当に土日に部活をするのがつらい皆さんへ。まず,部顧問就任の事前アンケートで,次年度は土日の部活ができませんと書いておく。管理職が,たかをくくって,「あいつなら部顧問を引き受けるだろう。多少の無理はするだろう。」となる。 4月当初の職員会議で、土日活動の部
『土日に学校に出てくるのが不可能なのに,顧問を押し付けられたら』の画像

言いたいことを短く・・・。部活動は外部移行が本音だけど,それはかなり難しいという意見がある。twitter上に散見される。でも,あと2年くらいで変わるかもよ!! ここまで来たらね。 

まず結論から,来年度は部顧問をする,しないは,ここでは明かしません。部顧問拒否,遠慮をするなら,ソフトランディング派の私である。とりあえず全員顧問制度のような,そうでないような学校に勤めています。基本的に,部活動顧問をすることは,多くの先生には,無理があ
『勤務時間内の職務命令で部顧問を命じられたら?』の画像

PTA役員拒否者(女性)と会談 (雑談)なぜ断ったんですか?活動内容がしてもしなくてもいいものばかり先生方も本当に喜んでいるのかわからない仕事との都合が合わない生理的に受け付けない変な上下関係がある酒席が嫌だ断るとき,断った後は?いろいろ文句言われました

明日,目白会場にいたら・・・-----長沼豊の研究室へようこそ!■イベント開催情報「第1回 部活動のあり方を考え語り合う研究集会in目白」 ●トークセッション「部活動の問題をどう解決するのか?」中澤篤史氏(早稲田大学准教授)本間大輔氏(部活問題対策プロジェクト代
『「第1回 部活動のあり方を考え語り合う研究集会in目白」に乾がいたら』の画像

4月最初に行われる新高校一年生の会話お前,何特待?俺はA特待おおすごいなあ,ほとんどタダじゃねーのまあね。--------こういった会話が,高校入学直後に行われる。学費なんだよね。 意見はいろいろあろうが,こういった部分が問題である認識を持つことが大事。また,学校
『カネと部活動』の画像

三連休明け2つの部活でトラブルがあったらしい。休日出勤した挙句,このざま。でも休日ボランティアなんだよな。いつも思う。変な制度だ。 

常勤講師には契約更新というものがある。 http://www.city.osaka.lg.jp/kyoiku/page/0000379725.html嫁入り前の娘のようにふるまい・・・というブログもあったなあ。教諭と全く仕事が同じなのに・・・。 官のブラックとは,このことだ。生徒にしてみたら,先生は先生だろう

大卒すぐの皆さんが,じゃんじゃん入ってくるらしい。-----来年のことを考えると,頭がパンクしそうだ。年間スケジュール見ただけでも脳が爆発しそうだ。4月から猛ダッシュで7月まで走る。夏休みも,これでもかのごときスケジュール9月から冬まで行事の嵐受験シーズン。何

すごいなあ。どんなに小さな離島でも,中学校まであるし,教育環境は「世界一平等」だなあ。このまえ遊びにいった離島の学校は,卓球部が盛んと言っていたなあ。吹奏楽部はないみたいだなあ。ラグビー部もないみたいだなあ。部活は不平等だなあ。この状態を僻地の人はどう思

Q: 部活動がなくなると,生徒が荒れるのでは?A: 本来,部活で荒れないように指導するものではありません。部活がもとでトラブルは頻繁に起きます。Q:部活がなくなると,高校や大学に推薦入学できなくなるのですが?A:高校や大学は学習する所です。部活をするところでは

案① 部活動は地域へ移行せよ。② 地域の指導者が地域の子に教えるべき。学校施設などは地域が借用する。③ 指導したい教諭は,自分の地域で指導すべき。 ③…学校の先生も家に帰れば地域の一員だ。地域のサークル活動に参加するのは良いことだ。  ★5つのメリット 

↑このページのトップヘ