高校教師いぬいのブログ(部活問題など)

乾 東一郎(いぬい とういちろう) 「部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。」 「生徒の在校時間の見直しをしよう。」 ブラック部活,教員のうつ病,など 「部活動の不思議を語り合おう」–長沼豊 (著)p114に1ページ丸ごと紹介されています。

高校教師いぬいのブログ(部活問題など) イメージ画像

更新情報

OH 内田氏のつぶやきうれしいなあ(私のブログについてツイート)> ①部活動は地域へ移行せよ> ②地域の指導者が地域の子に教えるべき。学校施設などは地域が借用する> ③ 指導したい教諭は,自分の地域で指導すべき▼5つのメリット 部活動は地域に移行せよ。学校対抗
『名古屋大,内田氏が乾のブログを…』の画像

「先生だから当たり前」の思考停止した風潮。これが自分は怖い。念願かなって自分が教職についても、自分はつぶされてしまうのではないか「部活未亡人」 妻たちの嘆き(内田良) - Y!ニュース https://t.co/jI8YvD1c0A— phoenix (@phoenix_no_bdtg) 2017年7月17日 部活未亡
『部活未亡人の周辺部分』の画像

諸々ありまして,考えを少し改めました。2つ。・クラスマッチ程度の部活は学校内に残してもいいのかな。 土日休みで,勤務時間内の週2~3日程度の部活なら残してもいいのかな。 必修クラブ程度ですね。・激しく管理職と対立して徐々に仲間を増やす方法もあるのかな。(私は

さきほど学習院大学の長沼先生から連絡がありました。この本に私のブログが紹介されるそうです。 https://t.co/jBgnzI8xeF— 乾 東一郎/高校教師いぬいのブログ (@inui_to_ichiro) 2017年7月23日 部活動改革に取り組んできた思いや、顧問の経験、これからの改革のビジョンな
『学習院大,長沼氏の本をみんなに紹介しよう! 乾も載ります。』の画像

動画を見てください橋下 羽鳥の番組 2017年7月24日 #0724https://www.youtube.com/watch?v=LZrDksB1Hj040分19秒テリー伊藤「一番厄介なのは部活です」テリー伊藤「部活だけを教える先生を雇え」ああ,言ってしまった。 その後,橋下から,予算のことで突っ込まれる。部活は
『テリー伊藤「一番厄介なのは部活です」』の画像

「残業の命令はダメ」という法律は,最後の手段で言ったほうがいいですよ。介護,病気,子育て,使えるものは何でも使って顧問は断ったほうがいい。法律で相手を押し込めると,後味が悪い。校長だって人間。「やったらやり返す」という自然界の法則が脳に入っている。校長に
『【年度末に言おう】「残業してまで部活顧問をしろ」と命令できない(NHK)』の画像

1 部活の将来像 廃止 学校対抗をなくす 地域サークルに移行  学校施設は貸出   指導したい先生は自宅近くのサークルで指導する。   ★5つのメリット 部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。★東日本学校連盟は部活を廃止しました。どうする
『部活問題の現状と改善策(しばらくこのページを更新しながら充実させます)』の画像

外部アスリートが「顧問」可能に…どうなる中高の部活動 https://t.co/MrHlevbMDq pic.twitter.com/XqcpruZsgb— 産経ニュース (@Sankei_news) 2017年7月4日 これはこれでいいのですが,A近所の大人が草野球っぽく教えるクラブ(有償~無償まで段階あり)B水泳教室やピアノ
『外部アスリートとか大きなことを言わないで。近所の大人が草野球っぽく教えるクラブをイメージしてほしい。』の画像

ネット署名「教職員の時間外労働にも上限規制を設けて下さい!」 を開始しました。皆様の一つひとつのクリックが,世を動かします。ご賛同をよろしくお願いいたします。→ https://t.co/AJQW2ERkQD尾木ママもメンバーに加わり,一ヶ月間の準備を経て本日から始動!! pic.tw

中学校の保護者 うちの子は勉強ができないから,部活させて高校に行かせる 去年までの先生は,高校の先生と太いパイプがあった(思い込み) 今年の顧問は素人らしいぞ。コーチを探してきてほしい 元旦も練習しないと優勝できないぞ あの高校の推薦もらうには,〇〇大会

記事の解説です中学校教員6割が「過労死ライン」超え「何時間働こうが給料は同じ」。残業地獄に喘ぐ現職教員50人が「部活改革ネットワーク」旗揚げ!https://twitter.com/net_teachers_jpです。電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24歳)の過労自殺をきっかけに過重労

ある記者さんが,「部活問題」をテーマに,以下の関連機関に行く。絶対に話が通じないだろうなあ。高体連http://www.zen-koutairen.com/f_link.html   より関係機関文部科学省http://www.mext.go.jp/公益財団法人 日本体育協会http://www.japan-sports.or.jp公益社団法人

8月4日(金)まで怒涛の忙しさ8月7日(月)も大きな仕事あり5,6日は,自分と大切な人のために使いたいという思いがある。←これ大事。ちなみに6日も別の件で頼まれている仕事があるが,日曜なので毅然と断った。なんだか優先順位がわからなくなっているのだ。(6日

「俺たちが部顧問を拒否したら,若いやつが困るんだよ。下手したら死ぬんだよ。今回は死んだんだよ。 それも直接部活で。」  http://inui.blog.jp/archives/1429044.html( ↑ 書いた当時のブログ)読み返すと、文章を書き直したくなりました。この場で書き直します。 

夏の大会に向けて、熱心に活動している部活。先輩が後輩の悪口を言ったり・・・。スタメンから落ちただの何だのクレームが来たり・・・。喫煙事件が起きたり・・・。なぜか屋外の喫煙はNGで、家庭内の喫煙は「親の保護下だから・・・ごにょごにょ」部活に生徒指導を絡めた
『部活にかかわっていない人は、生徒指導のオプションが一つ消えるといわれますが、それは違う。』の画像

学校活を温存しておくと、「安心して任せることができる」と親の弁 ・顧問の生活は犠牲 ・安心できる顧問ばかりではないよ学校部活で、足りない顧問を地域人材に任せる。 「学校という担保があるので安心」と親の弁 ・その担保は、学校の負担ですよ。学校部活を地域サー

1975年ごろ生まれの人たち,さんざんですね。----200万人を超える同世代との競争校内暴力管理教育受験競争血のにじむ受験競争を勝ち抜いたら,今度は就職氷河期講師で頑張ったころは2000年ころか。このころは,教諭の採用はほぼナシ数年後,土日休みになり,部活漬けになる。
『団塊ジュニアの悲劇』の画像

ネタ元は私ではありません。Aさんからのお話です。-----以下Aさんのお話。あまり現在の学校には不満を持っていない。自校内の書類が簡潔会議が簡単ヒステリックな教員がいない教員の口数が適切すさまじく大人の学校のような気がする。部活問題では・・・。私たちの学校も、
『Aさんの学校には「ヒステリックに動く先生」はいない。』の画像

↑このページのトップヘ