いぬいブログ(部活問題)

乾 東一郎(いぬい とういちろう) 「部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。」 「生徒の在校時間の見直しをしよう。」 ブラック部活,教員のうつ病,など 「部活動の不思議を語り合おう」–長沼豊 (著)p114に1ページ丸ごと紹介されています。

いぬいブログ(部活問題) イメージ画像

更新情報

いよいよ明日どす。平成19年は裏切られましたから!  ★中教審答申 守られていないぞ平成19年に出されている答申この「第四章  3.部活動に係る勤務体系等の在り方」部活動による時間外勤務が可能な限り生じることがないように、校長が適切に管理・監督するよう指導を

少しお久しぶりです。「残業の命令はダメ」という法律は,最後の手段で言ったほうがいいですよ。介護,病気,子育て,使えるものは何でも使って顧問は断ったほうがいい。法律で相手を押し込めると,後味が悪い。校長だって人間。「やったらやり返す」という自然界の法則が脳

2015年くらいからブログを過熱させてきた。基本は部活動システムにくし! であった。ブログでは,鬱病や平常心といった心のテーマも扱っている。発達障がいも扱っている。学校の組織運営も問題視した。すべて部活につながるエピソードですが。部活と自分の距離を考えていま
『生徒の在校時間の上限設定』の画像

乾 東一郎/いぬいブログ@inui_to_ichiro中教審は難解なのか?滑稽なのか?残業代でないのに45時間残業認める?部活指導は勤務、そして必ずしもする必要はない?ーいったい誰のための,何のための中教審働き方改革だったの? : いぬいブログ(部活問題) https://t.co/azt0Es

2017年7月28日(金)の話ですが・・・。【音声配信】夏休みの今こそ考えたい、ブラック部活問題!▼荻上チキ×内田良×藤野悠介▼TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」2017年7月28日(金)放送分 https://t.co/7Q9Q7gISMA— 乾 東一郎/高校教師いぬいのブログ (@inui_to_ichir

部活がもめる=生徒間トラブル。背景には「コミュニケーションが生まれつき苦手な生徒」の存在が大きい。例http://www.kaien-lab.com/aboutdd/adhd/思ったことをすぐに発言してしまう。他の人が話していても遮って話し始めてしまう。批判は顧問に向く。いわゆる管理責任だ。

超勤4項目黙示の残業命令必修クラブ特殊勤務手当給料の4パーセントの教職調整額勤務時間全員顧問制度全員加入制度主顧問 副顧問保護者会部費遠征費PTA会費入学時の部活動推薦制度部活動特待生の授業料減免学校部活動を地域サークルに移行する部顧問の掛け持ち部顧問拒否

妹尾昌俊(教育研究家、文科省学校業務改善アドバイザー、中教審学校の働き方改革部会委員。)お! 中教審の委員さんですね。「8月4日中教審があった」とtwitterに書いていますね。以下のブログとtwitterを紹介します。----------以下引用妹尾昌俊アイデアノート~ステキな
『「中教審 学校の働き方改革部会」に期待できるかな?』の画像

先日「土日だけのストライキ」を書いたが,いまいちよくわかっていない人がいたので,怒らずにていねいにご説明申し上げるいぬいの心情は  ★5つのメリット 部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。具体的にイメージできないなら ★東日本学校連盟は
『「土日だけのストライキ」は過渡期の提案』の画像

1 現役教諭は大学研究者よりも生徒との距離が近い。 学校内の者と学校にいない者の区別と言えば,生徒の息が聞こえるかどうかと思っている。 息づかいは,感情と共に発せられるので,現役教諭と部外者と大きく違うところではある。 細かいことを言えば,担任をしている
『夏は本気で勉強していますよ』の画像

学校部活動は地域サークルに移行せよ。部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。①部活動は地域へ移行せよ。②地域の指導者が地域の子に教えるべき。学校施設などは地域が借用する。③指導したい教諭は,自分の地域で指導すべき。 ③…先生も家に帰れば地域
『それでも行政は無風ですか?』の画像

どう考えても部活顧問は断れます。理由は簡単で,勤務時間以外は職務の命令が出せないからです。だから校長は命令できません。お願いになりますので,断っても処分対象にはなりません。しかし,勤務時間内なら命令可能です。つまり放課後わずか10~30分くらいなら職務命令は
『土日だけのストライキ』の画像

↑このページのトップヘ