高校教師いぬいのブログ(部活問題)

乾 東一郎(いぬい とういちろう) 「部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。」 「生徒の在校時間の見直しをしよう。」 ブラック部活,教員のうつ病,など 「部活動の不思議を語り合おう」–長沼豊 (著)p114に1ページ丸ごと紹介されています。

高校教師いぬいのブログ(部活問題) イメージ画像

更新情報

学校に来る人たち小中高ひっくるめて書いてみるざっと,言葉も添えておく。教材業者・・・いつも大変そう。修理業者・・・老朽化してますよね。大きな木を剪定する業者・・・そもそも木がいるのか?進学先の先生・・・そんなに来ないでもいい。教委の人・・・何か必要なんだ

うーん 今日は何となくきついなあ。授業時数は多いし、会議も多いし、複雑怪奇になっている。私の昨日・・・かなりの時間を使って、資料を作っていた。もちろん教育関係の資料であるが、授業には関係ない。昨日は,授業準備もした。部活をしたかどうか秘密。学校にいたかも

進路について考えている生徒がいた。B君とする。中高と野球三昧,勉強ほとんどせず・・・。このB君についての記事はこちら。B君は,地縁や親戚の紹介で就職した。もちろん採用側もB君をよく知っている人たちなので,問題なく仕事をしている。職場で教えてもらったことは,素

部活動について。いいかげん飽き飽きしているが。朝練。これについては,もうつらい。よくぞみなさんやってらっしゃる。どうも精神的に強くするらしい。昼の呼び出し。 授業をまじめに受けないものは部活をするべからず。「おいおい,授業中叱れよ」と思うが,顧問が叱る。

昔は,家電大学とか,銀行大学みたいに,企業が大学を作って,その大学に入学すれば,その企業に入れるみたいにすればいいと思っていた時期もあった。とことん,愛社の精神を植え付け,瓶ビールの持ち方から,注ぎ方まで教えればなおのこと良いと思っていた時期もある。また

上から目線か? という話。習熟度別学習の推進や単位制は上から目線か?という内容のブログを書いた。今回は,大学である。 今,大学の授業料無償化に向けて動き始めている。明らかに,私大の数は多すぎる。20年前だったら確実に大学に行けるわけない生徒まで大学に行く

私,国立大学を出ておりまして・・・私,有名私大を出ておりまして・・・という皆さんの中にも教員がいると思います。-----小学校からの単位制導入? どう思いますか?いつも言われることだが,分数などができない高校生。定規が読めない高校生。1mが何cmか知らない高校

講演会や研修において・・・。データを出して,検討するというものである。例えば,遅刻が少ない学校は学力が高い。このデータは正しい。常識的に考えても納得できる。ただし,学力がもともと高い生徒は,遅刻が少ないというのも正しい。この辺が,研究のようで研究ではない

忙殺される教員でも,うつ病にならないことがある。それは,授業がうまくいっているとき。生徒がうなづき,心地よい笑いが起き,授業者も生徒も楽しい。こんな授業ができたとすると,うつ病どころか,心身が健康になる。最近,特に小中学校で,TTが流行っている。というか,

以前のブログ(FC2)は、うつ病をよくテーマにしていた。こんな仕事をしていたら、うつ病まっしぐらになる。 実体験からすると3:1または2:1で男性教諭の方がうつ病になりやすい傾向がある。いわゆる、柳の木のようにしなりがなく,折れやすいのが男ということか。---

黄色マーカーはブログ主が引いています。民間事業者に指導を委託するには中学校1校につき年間およそ300万円が必要で、市内の130校でどこまで実施できるのか財源の確保は容易ではありません。おそらく月数百円の受益者負担で、運営はできます。教諭の指導者で部活指導

やはり人間は感情の生き物なのですよ。 だれの話とは言わないが,教師になった最初の頃は,バレー部を持っていた。学生時代にバレーをしていたからだ。このころ頭に来ていたのが・勤務時間外の拘束時間が苦しい。・自分の思うようなチームにならない。・保護者が指導に口出

もっと処世術を身に着けたらどうだ。 部活問題を議論する中で思うことがいっぱいある。 なぜ,教員をふくめ多くの人は過労に至ってしまうのか。なぜ,勤務時間外まで指導してしまうのか。本当に同調圧力なのか。数々の疑問があふれてくる。 中庸は良いことと思う。 例え

部活動を地域主導にして,学校対抗をやめよ。 これができないのは,「カネ」です。 部活動は地域へ移行すればよい。学校対抗をやめて地域対抗にすればよい。 先生も地域の一員なので,自宅近くのチームで指導したい人は,指導すればよい。 とさんざん言ってきましたが,

中教審答申 苦しい文面2015-12-26(21:16) の乾の記事です。書き直します。(FC2より引っ越し記事)平成19年に出されている答申です。ツッコミどころ満載です。この「第四章  3.部活動に係る勤務体系等の在り方」には以下のことが書かれている。赤い字は乾(いぬい)のツッ

兄が、サッカーで高校に推薦される入学金免除、授業料半額で合格兄の弁「もっと練習しておけばよかった」兄はサッカーの先輩のコネを頼って 就職する。まれに母校に教えに行く。リア充。弟は、授業料全額免除を目指して、小学校の時から、学業無視。嫌な世の中だね。 

http://53f53.blog.fc2.com/blog-entry-984.html  (私の旧ブログです)「東日本学校連盟」は部活を廃止しました。 東日本の中学校,高校は「東日本学校連盟」に加入しています。 東日本の校長会と各行政が話し合い、高野連、高体連、中体連、に教員は一切関わらないよう

オリンピックのバドミントンが懐かしいあれだって部活とそっくり実力があっても出られないーーー不祥事後の部員の扱い不祥事に関わった生徒の扱いには苦労するしかるだけで済めばそれでいいが、無理。他競技の基準にもなるのでややこしい&ばかばかしい 

5つのメリット 部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。5つのメリット・・・FC2から再び掲載 部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。案① 部活動は地域へ移行せよ。② 地域の指導者が地域の子に教えるべき。学校施設などは地域が

喫煙がらみの部活の不祥事今日も部活がらみの、騒動が起こっていた。喫煙がらみ。吸った生徒。所持していた生徒。空箱を持っていた生徒。ライターを持っていた生徒。みていた生徒。さて、次の試合は、誰を出すのだろう?ここで謎の「配慮」が行われる。リーグ戦一回戦は出さ

↑このページのトップヘ