高校教師いぬいのブログ(部活問題)

乾 東一郎(いぬい とういちろう) 「部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。」 ブラック部活,教育時事,PTA強制加入反対,教員のうつ病,など

高校教師いぬいのブログ(部活問題) イメージ画像

更新情報

熱中症の話鼻血が出る生徒が多くないですか?特に、この時期の体育の時間。こんなに鼻血が多かったかなあ?関係あると思うけど、・不規則な生活・偏食絶対鼻血が多いと思う。

保育園落ちた日本死ね!!!,というブログ。有名ですね。簡単に言うと「保育園に安心して子をあずけたい」である。これに対して,いろんな議論が巻き起こり大変良いなことと思う。ここで「死ね」という言葉を使うのはけしからんという主張がある。これが支離滅裂な主張であ

今年の学校の雰囲気は風通しもよく、良い感じ。そろそろ管理職試験の案内が来る頃でしょう。年齢に関係なく、一律に配られるところも多いと思います。また、受験資格がある人だけ配られる自治体もあります。配り方は管理職しだいです。つまり、こんな試験があっているよ~と

完全にふざけていますが、twitterをはじめられたころから、こんな感じのある細川さん。だんだんエスカレートしていますが、これ以上はもうないと思います。今後はまじめにします。本当にすみません。@HosokawaAkiko ありがとーーーーーーーう細川さん。 私のブログで
『サンシャイン』の画像

ネットも新聞もアツい!!休憩ない 休日ない時間外手当ない やること際限ないあるのは残業と過労このままでは教育が崩壊するという危機感を、教師だけでなく社会全体で共有を。【東京新聞】<なくそう長時間労働> 疲弊する教師「学校は過重労働の無法地帯」https://t.co/

入学に際して 中学の時に、そこそこ部活をしていたら入学させる。 競技技能に秀でていたら、公立並みの学費で入学させる。 さらに優れていたら、交通費や寮費を免除する。 ライバルになりそうな優秀な人材も多数入学させる。いわゆる実績はないが高校で伸びそうな生徒の
『私立高校の部活から少年犯罪までを考える』の画像

本当に転職というものは,大きなエネルギーがいると思う。「どうしてやめたの」と必ず聞かれる。教員だって,1年で異動したら,「あの人,変な人」と言われないまでも,「ささやき」は聞こえる。聞く気もない,聞きたくもないので,最近はどうでもよくなった。真剣に考えるの

マジでダメな養護教諭の場合。担任以上の情報を得ようとする。生徒を選り好みする。キレる。本当に孤独な職業であるのは分かっているけど,自分がどんな風に思われているか,空気感でわかると思うけどなあ。看護師の資格を持っている養護教諭のほうが,絶対に余裕があってい

親って何だろう乳幼児から保育園にあずけ,小学校低学年は学童とママ友にあずけ,高学年はクラブチームにあずけ,中学校になれば年中部活高校になってやっと部活から離れたと思ったら,妊娠何も悪いことではないが,いいのか?— 乾 東一郎/高校教師いぬいのブログ (@inui_t

以下のコメントをもらい 頷くばかり。朝のあいさつ運動をPTAまで巻き込んで行う中学校に勤務してます。職朝で教頭が「Pも参加してますので先生方もお願いします。」と言いますが、服務上の扱いについては明言しません。若い教員のなかには「仕事」を思ってる人もいます。 

効率が上がり職務が軽減できる例私が行った職務軽減の例・・・。いくつか大ヒットを飛ばしているが、汎用的なものを。例えば、朝、校門の前で、あいさつを先生の集団がしている。生徒は眠そうに登校中。これを、教室で出迎えをするキャンペーンにする。そうすると、良いこと

【学校の仕事の効率化】以前 いい案を出して,周りから総スカンを食らったことがある。数年後同じ案を出したら,褒められる褒められる・・・。これって,時代を先取りしすぎていたと思う。今まで効率が悪かった。それを改善した。そして負担は減る,効果が上がる!具体例は

夜に顧問の集まりがある。平日に何やっているのかと思いきや、間もなく50歳になろうという、あのお方が。もういい加減、身を引いてもいいだろうに。家庭は「ぼろぼろ」になり、残りは部活だけということか。もしくは、部活と家庭は全く関係ないということか。ご本人しかわか

例えばフェンシングや新体操もそうだけど,なかなか学校対抗にしにくい種目も高校では学校対抗になる場合が多い。なぜなんだろう。高校の特色を出すため?  ★5つのメリット 部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。 ★東日本学校連盟は部活を廃止し

結婚へと踏み切れない理由としては「結婚資金」が最多で、男性の43.3%、女性の41.9%が挙げた。この理由は,その場しのぎの理由のような気がするが。単純に結婚したくないんじゃないの? と思う。もしくは,相手がいない。理由はたくさんある。・仕事が面白くなった。(仕事

注意欠陥・多動性障害(ちゅういけっかん・たどうせいしょうがい、英: attention deficit hyperactivity disorder、ADHD)は、多動性(過活動)、不注意(注意障害)、衝動性を症状の特徴とする神経発達症もしくは行動障害である[1][2]。ICD-10における多動性障害(英: hyp

テレビで,音楽監督や舞台監督の特集がある。また,ナントカプロデューサーとかいる。ひっくるめて裏方さんだ。俺らの仕事は「表さん」だ。そもそも,学校の顔が生徒と先生である。生徒の記憶に残るのも先生(担任)である。スーパーマン的な人は副担任でも心に残るが「爆発

50代教諭の話。教科指導力がある。部活の実技指導はしないが、顧問をしている。年に二回しか大会に出ない。これは徹底されている。「しないといっているだろう。土日はしないといっているだろう・・・。それでもいいのか~~。」が3月末から4月にかけて校長室から聞こえ

財務省VS文科省一般行政職と教員,どっちが高い給料か?https://t.co/LZRlYIqZlG— 乾 東一郎/高校教師いぬいのブログ (@inui_to_ichiro) 2017年5月15日 俺はひねくれているのか、財務省のほうが体感的に当たっているような気がするが・・・。それは良いとして、あの縦社会

ある親の弁うちの子は,小さいころから絵本も読まず,ひらがなを覚えるのも遅かったんです。字をきれいに書くとかとんでもない。とにかく私が横について教えていました。何とか高校に入学しました。この子を大学に入れても,どうなるかわからないです。その前に入れること自

↑このページのトップヘ