高校教師いぬいのブログ(部活問題)

乾 東一郎(いぬい とういちろう) 「部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。」 ブラック部活,教育時事,PTA強制加入反対,教員のうつ病,など

高校教師いぬいのブログ(部活問題) イメージ画像

更新情報

顧問になりたくて教員になった人はたくさんいる。それでも不祥事を起こしたり、顧問をしていて生徒とそりが合わない場合、顧問を外れる。この人たちは、どういう心境だろう。活き活きと部活をしている先生たちを見て心がねじ曲がっていくんじゃないか?と心配になってくる。

「それについてはよくわからないので、○○先生(顧問)に聞いてください。」「日程の件での質問ですね。○○先生(顧問)に聞いてください。」名ばかり顧問で、指導しなくてもいいと甘い言葉をかけられても、顧問と副顧問では大きな違いがあります。------【下にぶつぶつ書

「教育の場」何と使いやすい言葉だろう。もめると必ず出てくる。「教育の場を何と思っているんだ!」とかね。学校に対する価値観は万人が持っているので,本当に恐ろしい。以下は外部の「教育の場」のニュース強制わいせつで永久追放=日本体操協会(時事通信) - Yahoo!ニュ

もう一度書くが 教員の精神疾患や病休が多い理由は,病休が多くなりすぎて,フツーに病休が取れること。法律上,復帰できること。復帰後も,教える内容は変わらないことがあげられる。つまり統計資料はあまりあてにならないということが言いたいだけ。例えば,エンジニアが

代休日 (某日)銀行に行くと窓口に教え子が・・・。うーん  向こうも気づいている。   うーん 口座は見られたくない。無駄な用事できている。$買いませんか?の返事をしに来ただけだ。無論断るつもりだ。その代わり定期口座の開設でもしようと思ってきたのだ。教え
『オーストラリアドルや,ナントカ年金とかすすめてくる。全部お断りして,  最後にやはり部活の話。』の画像

…第3話『私も発達障害だったの?』-8https://t.co/b36KwJf002— 乾 東一郎/高校教師いぬいのブログ (@inui_to_ichiro) 2017年6月10日 モンズースーさんのブログです。私の目の前に,親子ともどもADHDという親子がいるのは事実。モンズースーさんのブログには遺伝すると書

私立の定時制高校、通信制高校などは、主に中学校の頃から不登校だった生徒の受け入れに積極的である。保護者からしてみれば、このような学校は、むしろ小学校のころからあってもよかったのではないか、と思っているはず。「特別に配慮が必要な生徒は15%います。6%というの
『高校からでは遅すぎる。インクルーシブと言ったり、個に応じた指導と言ったり、右往左往している。』の画像

2017.6.3北海道新聞 朝刊各自 核論「子供と接する時間 確保を」今の学校現場の苦しみを余すことなく述べられている素晴らしい内容です。読む価値有りの内容です。 pic.twitter.com/VZKZDFwmPW— 中年の小学校教員 (@tyuunenn_kyousi) 2017年6月2日  部活問題、メディアに取

「誰かが休めば、誰かの負担が倍増する。」そうです。正しいと思います。だから、・全員が休めるように法規制を求める・休む人が増えてパンクした挙句上層部が考える。っていうことを考えています。 https://t.co/yT5gQLsIE1— 乾 東一郎/高校教師いぬいのブログ (@inui_to_

どう書こうか悩んでいます。世の中には,自身を痛めるような訓練が好きな人がいる。人生の指針がなく,誰かに依存するタイプの人がいる。その依存性は100%ではないにしろ,放置しておけば100%になる可能性の人は多い。このような人が指導者や選手になり,歯車が回り始める

「誰かが休めば、誰かの負担が倍増する。」そうです。正しいと思います。だから、・全員が休めるように法規制を求める・休む人が増えてパンクした挙句上層部が考える。っていうことを考えています。 https://t.co/yT5gQLsIE1— 乾 東一郎/高校教師いぬいのブログ (@inui_to_

熱中症で生徒死亡の生駒市 学校に霧扇風機など配備へ:朝日新聞デジタル https://t.co/29UNKF7TCK— 乾 東一郎/高校教師いぬいのブログ (@inui_to_ichiro) 2017年6月1日  熱中症は本当に恐ろしい。部活中だと、怠けているのか、本気なのかわかりにくいところもある。まじ

熱中症の話鼻血が出る生徒が多くないですか?特に、この時期の体育の時間。こんなに鼻血が多かったかなあ?関係あると思うけど、・不規則な生活・偏食絶対鼻血が多いと思う。

保育園落ちた日本死ね!!!,というブログ。有名ですね。簡単に言うと「保育園に安心して子をあずけたい」である。これに対して,いろんな議論が巻き起こり大変良いなことと思う。ここで「死ね」という言葉を使うのはけしからんという主張がある。これが支離滅裂な主張であ

今年の学校の雰囲気は風通しもよく、良い感じ。そろそろ管理職試験の案内が来る頃でしょう。年齢に関係なく、一律に配られるところも多いと思います。また、受験資格がある人だけ配られる自治体もあります。配り方は管理職しだいです。つまり、こんな試験があっているよ~と

完全にふざけていますが、twitterをはじめられたころから、こんな感じのある細川さん。だんだんエスカレートしていますが、これ以上はもうないと思います。今後はまじめにします。本当にすみません。@HosokawaAkiko ありがとーーーーーーーう細川さん。 私のブログで
『サンシャイン』の画像

ネットも新聞もアツい!!休憩ない 休日ない時間外手当ない やること際限ないあるのは残業と過労このままでは教育が崩壊するという危機感を、教師だけでなく社会全体で共有を。【東京新聞】<なくそう長時間労働> 疲弊する教師「学校は過重労働の無法地帯」https://t.co/

入学に際して 中学の時に、そこそこ部活をしていたら入学させる。 競技技能に秀でていたら、公立並みの学費で入学させる。 さらに優れていたら、交通費や寮費を免除する。 ライバルになりそうな優秀な人材も多数入学させる。いわゆる実績はないが高校で伸びそうな生徒の
『私立高校の部活から少年犯罪までを考える』の画像

↑このページのトップヘ