高校教師いぬいのブログ(部活問題)

乾 東一郎(いぬい とういちろう) 「部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。」 ブラック部活,教育時事,PTA強制加入反対,教員のうつ病,など

高校教師いぬいのブログ(部活問題) イメージ画像

更新情報

内田氏のツイートから「新年度になって(結果)①休憩時間は「全ての職責から完全に開放される時間」と明記されていたものが、全ての文書から削除された。②時間割の給食の時間の途中に横線が一本入った。児童にとっては意味不明な線。」 https://t.co/wK8o2ySQtq— 内田良/

あやふやです。だって自治体によって違う。学校によっても違う。40年くらい前基本9時~5時勤務 8時間休みなしというか,何もかもテキトーということで,朝の短いホームルームに行かない先生がいたらしい。勤務時間ではないらしい。つまり,授業時間開始が勤務時間開始?とい

最近、以下の4つが立ち上がった。ひとつ 教員、教員の家族コラム「知らなかった部活教員妻の存在」なぜ、自分の子どもの出産前後にさえ部員と過ごしているのか。なぜ、ここまで家族が犠牲にならなければいけないのか。今まで隠れていた教員の家族の言葉に本当に申し訳なく辛

そろそろ免許更新がひとまわりするらしい。そういえば,そろそろ10年くらいたつのかな。だんだん反対論者も減ってきた。どーせ「おれたちは,高い金払って免許更新したんだ。今更廃止なんて許せるか!」が大多数になって廃止になっていない。だから,みんな平等に,というか1
『そろそろ免許更新がひと回りする。ひと回りしてやめようぜ。』の画像

官民問わず,おっさんたちのブツブツ・・・コンピューターが入ってきて,事務職がなくなったんだよ。そうそう,写真も現像しなくてよくなったし,何もかも一人でできるようになった。昔は,細かいところを,パートさんたちがしてくれて,幹のところは,先輩たちがしてくれた

書くことがないので,いい話を。去年のことだけどね。私はお洒落さんなので,・・・(店)に行く。(店)はよく変えるほうだ。店を変えた。どうぞ,と案内されたら~。なぜか ”にやにや” している店員。「センセーでしょ」ああ,この時間が仕事モードになる。とはいえ,
『明るく「センセー」と声をかける元生徒,今は大人』の画像

久しぶりの検索シリーズ。ソースhttp://www.bbs.bun-chan.net/dna_res.cgi?file=272&res=560はじめまして。部活の顧問について悩んでいます。相談のってください ホント無理です。過呼吸で死にそうです。中一女子7人吹奏楽部所属。トランペット担当。今日部活がありました

えー,今年度この地区の部活動担当になりました,(学校名)校長の〇〇です。ここにいらっしゃる会場の皆さんには,いつも大会会場や学校現場でお世話になっております。*だから何だ日々,生徒のために部活動に励んでいらっしゃること大変うれしく思っております。*俺は嫌

労務管理よりも部活問題を優先的に解決すべし! 部活は職務か職務じゃないか曖昧。だから労務管理の問題にすると焦点がぼやけます。教員が働きすぎだから○○を減らせという考え方は危険。部活は勤務時間外だからだ。少人数学級とかTTとか増えて、部活が温存されることがあ

例えば金曜日の19時ころ「どーせ 明日も来るんだし,月曜午前中までの提出書類は,放置しておこう。」「どーせ 明日もくるんだし,提案書類は明日書こう。」「どーせ 明日も来るんだし・・・」という4~5個の案件を抱えて,金曜日は帰宅。土曜日少し早く学校に行って,

部活顧問拒否を成功した人の話。後ろめたさよりも、話題に入れないことがつらい。ということで飲み会を避ける。---つづいて、細かい仕事を休日中にできないということこれについてはまた書きます。「細かい仕事」ってなんだというところから・・・。

部活に生徒指導の効果はない。今から書くことは,私の仲間である中学,高校教師複数名でクソまじめに話したことなので,極論でも何でもない。普通のことだ。部活に生徒指導の効果はない。部活動をしているならほかの生徒の見本になれ。部活動をしているなら立ち止まって大き

部活問題から派生して,今の学校の労務管理が問題となってきた。そもそも忙しいと。この件についても前から言っているように,誰がどう考えたって忙しいんだから,部活なんかできっこないだろうに・・・。っていうところから始まっていて,部活問題がクローズアップされた。

先ほど部活から帰ってきました。疲れた。---4月末になって,学校もまあまあ落ち着いてきた。---今回は講師不足について。教諭もたくさん採用しているけど足りない。以前は競争倍率が高かったなあ・・・。これも時代か。法律に基づいて,教諭の数を決めている。病休が出たら,

乾グループというのを結成している。ずいぶん昔からだが・・・。最近はあまりグループの執筆はしていないが、ある小学校の先生の話をしよう。------私(小学校の先生)は、どの学校に配属になるかが、大きな違いと思うんです。(給料同じ)LD、ADHD・・・様々な症状を持った

毎日、毎日・・・あれこれ忙しい。部活顧問もしておりますが・・・。最近は、部活のストレスや皮膚炎(屋外スポーツ)で苦しむ教員も増えており、「地獄」ですよ。さて最近の初任者。やはり二手に分かれますな。授業もホームルームも部活も、ほぼ合格。表情もいい。一方、疲

部活問題対策プロジェクトの戦いは大きな戦い。一方小さな戦い例えば,音楽教諭が部顧問をしない。吹奏楽部に近づかない。これは小さな戦い。何でもいいから,「できない」アピールしかない。年度途中に投げ出すリスクを考え,4月に断っている。他にも外部コーチがいるのに教
『部活問題:小さな戦いと大きな戦い,風土づくりも並行して・・・』の画像

ある雑誌のコラムに元社長の言葉があった。お客様の要求には嫌な顔一つせず,部下を自分の好みで役につけたことはない。このことが非常に苦痛だった。だからアーリーリタイアしたそうだ。一瞬思ったのは,客にはいい顔するのはふつうだろうに・・・と思ったが,まあいい。置

↑このページのトップヘ