高校教師いぬいのブログ(部活問題)

乾 東一郎(いぬい とういちろう) 「部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。」 「生徒の在校時間の見直しをしよう。」 ブラック部活,教員のうつ病,など 「部活動の不思議を語り合おう」–長沼豊 (著)p114に1ページ丸ごと紹介されています。

高校教師いぬいのブログ(部活問題) イメージ画像

更新情報

かなり前から部活動顧問には疑問を持っていた。どうして,子持ちの先生は早く帰宅するのか?どうして,土日は子どもの世話と言って学校に来ないのか?先輩教師に質問したら,「順番だからしょうがない」「若いうちは我慢しろ」「年齢を重ねたらわかる」「若い時は,過労死寸
『ブログやtwitterで,「肩身の狭い思い」をしないで済んでいる。』の画像

この制度のポイント・(教員がいなくても)部活動指導員が部活動の指導や練習試合などの引率ができる。 つまり 部活動は学校に温存される。 学校対抗がなくならない。 顧問は相変わらず教員。 すべての部活に導入されるわけでもない。 大会の運営は教員。 部活のもめ

改めて書きます先生の労働時間は8時間生徒に在校時間は( )時間( )に12とか13を入れているのが今の学校。残業が多いとか言う前に、生徒の在校時間を見直そう— 乾 東一郎/高校教師いぬいのブログ (@inui_to_ichiro) October 4, 2017 生徒の在校時間を見直そう上限規制だ!

妹尾さんの記事について小学校は専門性が低いので,空きコマ数が少なくていい。(中学校はその中間)高校は,専門性が高いので,空きコマ数が多くていい。私の意見小学校の定数の少なさは異常しかし,中高が足りているとは絶対に言えない。中学校,高校の勤務時間の長さを考

中学校の卒業生100人いるとしよう【A 人口が多い地域】50人は公立へ47人は私立へ2人はサポート校へ1人は就職【B 人口が少ない地域】90人は公立へ7人は私立へ3人は就職-----A地域では,中学生の平均点くらいとらなければ自動的に私立に行くことになる。公立のすべり止め
『地域によって私立高校の数が違う。』の画像

変則的なことが起こると,困り顔をする生徒がいる。例えば,担任の先生が出張だと不安定になる生徒。大きな行事の時に,休みがちになる生徒。こんな生徒よくいます。だから,担任の先生の動向は事前に伝えるべき。行事は事前に(念入りに)予定を伝えるべきだ。一方で,どう
『イレギュラーを嫌う先生と生徒』の画像

私見:今回の逮捕は当然です。-----twitter検索 福岡市の私立高校と入力してみよう。ひどいのなんのって・・・。---------対教師暴力について。昨晩,とある著名人から,問い合わせがあり,質問:なぜ,高校生の暴力事件を警察にあまり報告しないのか?乾: 高校を卒業させ
『「警察に出す=その生徒の人生が絶たれる可能性が高い」と思って,予防的指導を…』の画像

結論から先に書く。生徒と先生がうまくいっていれば,こんなことは起きない。学力も関係ない。ただ,クラスの雰囲気がここまで末期だとどうしようもない。------------同僚と私の会話 こりゃひどいね。 こんな学校に勤めたくないねえ。 タブレットとかスマホ,うんぬん。
『生徒との関係 (先生を蹴った生徒…逮捕)』の画像

NHKが,放映後のおまけのようにして流している動画サイトです。ご覧ください。これといった具体的な提言はないのですが。NHKも意見を言う立場ではなく,現状を公開しただけですからね。私のような個人ブログ(若干仲間としていますが)では次のように言える。朝の交差点見回

地上波で当たり前のように「学校の労働問題」が取り上げられるようになってきた。内容は,部活問題に焦点が当たらず,多岐にわたっていた。9月22日金曜NHK総合1 午後7時30分~ 午後8時00分かんさい熱視線「先生たちの働き方改革」部活動指導員は,学校部活動があっての指

中央教育審議会初等中等教育分科会学校における働き方改革特別部会 中教審 傍聴の記録https://www.kyodo-bukatsu.net/chukyoshin2/(11)部活動 への対応策部活動については、現時点では「他にふさわしい者がいる場合は必ずしも教員が担う必要がない業務」であると考えられる

本当に中教審の傍聴に行くようになるとは・・・。(私も行きたい!でも行けない。)部活改革の皆さんの行動力には敬服する。https://www.kyodo-bukatsu.net/chukyoshin/本日開催された中教審第4回「学校における働き方改革特別部会」の委員発言記録を公開いたしました。 http

部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。案① 部活動は地域へ移行せよ。② 地域の指導者が地域の子に教えるべき。学校施設などは地域が借用する。③ 指導したい教諭は,自分の地域で指導すべき。 ③…学校の先生も家に帰れば地域の一員だ。地域のサー

部活動の不思議を語り合おう – 2017/8/10長沼豊 (著), 142ページ 2016年(平成28年)3月に届けてから1年以上経ってまだ出さない・・・【お礼とご報告】 本日,文部科学省に「教師に、部活の顧問をする・しないの選択権を下さい!」の署名簿(23522筆)を提出
『生徒の在校時間が本当に長すぎる』の画像

学校って生徒が学校にいる限り閉められない。また,登校中,下校中も閉められない。この辺を「生徒の人権の視点から」改善できないものか?1日10時間学校にいることが普通なのか?1日は24時間しかないぞのこり14時間生徒にとってブラックと言い続けなければ,この問題は
『生徒が学校にいる時間が長すぎる』の画像

稀に芸能活動をしている生徒がいる。いわゆる外部の活動なので私は良いと思っている。(部活動は外部移行すべし!と思っているので)しかしながら,朝から学校にいなかったり,1週間学校にいなかったり・・・。あまりよくないなあ。中学校も同様と聞く。眉間にしわが寄りそ
『生徒の在校時間を見直そう』の画像

部活動が過熱した原因は?以下の話,何回聞いたことか「学校の勉強は,社会に出て役に立たない」「不登校だった私は社会に出て活躍している」以上成功者の論理であると私は思っているが,世間の多くは普通の論理と思っているらしい。本当に役に立たないのもあろう。円覚寺の

補習のあり方を含めて,とても大事な視点だと思います。 https://t.co/rhdGoir3FC— 内田良/学校リスク研究所 (@RyoUchida_RIRIS) 2017年9月16日 【部活問題の解決】両氏の本を読むと、長沼氏は、教育課程内で必修クラブ。内田氏は、上限規制。私は、生徒の在校時間を見直そ

感動したがる親について今思えばというか,予想を書く。一昔前は,食べることに精いっぱいだったのではないか。教育法規で学習したことがある。↓「農繁期は学校を休ませることができる。」学校教育法施行令(学期及び休業日)第二十九条  公立の学校(大学を除く。)の学期

個性を重視した活動が入試に活用されるということで,部活動がブラックになった?土日が休みになったので部活がブラックになった。どちらも正解であるが,今一つ違和感がある。論理が飛躍するが学問の重要性が下がったってのも一因かなあと思う。受験戦争(受験競争)が,過

↑このページのトップヘ