高校教師いぬいのブログ(部活問題)

乾 東一郎(いぬい とういちろう) 「部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。」 ブラック部活,教育時事,PTA強制加入反対,教員のうつ病,など

高校教師いぬいのブログ(部活問題) イメージ画像

更新情報

Q: 部活動がなくなると,生徒が荒れるのでは?A: 本来,部活で荒れないように指導するものではありません。部活がもとでトラブルは頻繁に起きます。Q:部活がなくなると,高校や大学に推薦入学できなくなるのですが?A:高校や大学は学習する所です。部活をするところでは

案① 部活動は地域へ移行せよ。② 地域の指導者が地域の子に教えるべき。学校施設などは地域が借用する。③ 指導したい教諭は,自分の地域で指導すべき。 ③…学校の先生も家に帰れば地域の一員だ。地域のサークル活動に参加するのは良いことだ。  ★5つのメリット 

この記事を教師の方々に拡散いただけるのは本当にありがたいです。大分県教委の控訴理由は「教職員の部活動への携わり方に大きな影響があるため」。顧問のなり手がいなくなるのを心配しているようです。こんな悲劇が起きるなら、部活がなくなる方がよほどいい。命より大切な

年度末,本当に忙しいですね。9月からずっと忙しいと思いますが,そういえば正月は休んでいたと思う。さあ,いよいよ新年度が始まります。twitterでも申し上げたが,「今,枝葉末節はどうでもいい。まずは,部活問題をとにかくプッシュすべきだ。SNSでも,飲み屋でも,職
『部活問題解決の工程表』の画像

全員顧問制度全員入部生徒名前だけでも入れてくれと頼まれても断るべきかまずは、副顧問という立場ですね。これを保護者がどうとらえるか生徒がどうとらえるか同僚がどうとらえるか三方向から考える必要あり 

きついのでブログ書きたいけど寝ます 

前回の記事では 最終的には部活禁止にしないとどうしようもないと書いたと思う。私の考えは部顧問をしない人が冷たい目で見られないような風土作りをする(A)↓部顧問をする人が増えたり,減ったりする↓廃部、復活する部、新設される部、ゆるい活動の部活、 様々な状態が
『部活問題,最終形態を示そう。まさか校内温存ですか。』の画像

以下,文科省内の熱い会話。また,ネット上が騒がしいらしいぞ。我々は,部顧問をしろとも言っていないし,生徒を全員入部させろとも言っていない。え!! 勝手に全員入部させている!? 勝手に全員顧問制!?そりゃダメだ。で,それは勤務時間内なのか?そうじゃないのか
『部活問題に熱心な文科省に告ぐ。継続可能な部活動なんて考えずに別の方法でお願いします。』の画像

部活顧問がしたくて教員になったと言う人が多い。だから部活はなくならない。数年部活に打ち込んでも、どうしても無理が生じてくる。・家族の問題・介護の問題・自分の体力の問題独身を通したり,離婚したりして部活を継続するものもいる。家族の犠牲のもと部活を継続するも

部顧問拒否のソフトランディング教員の痴呆問題ADHD初任者の質が高すぎる、低すぎる問題以上、今後、書きたいこと でした 

高校生の頃(7年前)、放課後の部活動は21時過ぎまでやってました。土日の練習は9時〜21時が当たり前。夏休みはほぼ合宿。本番前は毎週末学校で合宿。埃まみれの教室や廊下に布団敷いて寝てました。21時終了は早い方で、遅い時は終電。合宿時は夜中24.5時まで練習。まさに異

今度の4月に,教員になる皆さんのツイートをいくつも読んだ。部活顧問になりたくないけど,強引にさせられたらどうしよう?頑として断りたいが,先輩たちから無視されないか?という,悩みが多い。(悩み方がまだまだ軽い感じがするのはなぜだろう?)授業がちゃんとできるだ

先生の暴言はダメだ。生徒から暴言をうけた皆さん、それもtwitter界隈の皆さん多分、ブーメランだよ生徒がすべての先生に暴言を吐いているならわかるでも、特に暴言を受けている先生は、何か考えた方がいい周囲の先生は、アドバイスしにくいここが難しいところそれに気づかず

いち早く,この「部活顧問をする,しないの選択権は教員サイドにある」を指摘した。おそらく,多くの人はこのことに気づきながらも,「半強制をやめてほしい。だから文科省にお願いする。」という形をとったと思う。また,社会体育に移行するという案も出たと思うけど,時期

FC2時代の記事の再掲載です。2015年12月そもそも部活顧問は,任意で就任するのである。だから,文科省に,言うのなら,「顧問をしないで良いようにしてください」ではなく,「土日や勤務時間外に,生徒と接触や面会を禁止する。違反したら懲戒にする。」をお願いする

短めの記事ですえ、部活動ですか?嫌です、顧問なんて引き受けられません、と若手教諭が言う。え、指導員をつけてくださるのですか?、ああ、まあ引き受けてもいいけど、やっぱり顧問は荷が重いです土日の引率も、練習も、任せていいのですか? え、それなら私がいる意味は

今で言うインクルーシブ教育だな。雑誌も約20年前のものだし、記事にして良いだろう。最近小沢健二が復帰して、ふと小山田と勘違いしそうになったので、記録に残す。 普通学級でハンディを持つ児と健常児がともに生活し学習する教育和光小学校では、学級に1〜2名の枠で

これは、ある。親が周りから言われて洗脳されてる感があるんだけどね。こういう話から降りるのが非常に大切になってくる。ずるずる相手してると親はそういう視点が肯定されると誤った学習をしてしまう。その比較のプレッシャーは結局のところ引きこもりの子に向かっていく。

1 本音が聞ける テメー部活顧問しないなんていい度胸じゃねえか 文化部なんて、部活じゃねえよ 生徒指導をなめてんのか あいつの働きは俺の半分だ   本音というか、人間の品評会だ。2 上下関係がわかる 教員歴よりもなぜか年齢が優先される。 しかし、威張って

酒宴は避けても問題なし。「あの人飲み会こないよね。」「よし、俺がこらしめてやろう」ってことはない。そんなことあったら、即、異動した方が良い。 飲み会での会話は、仕事の会話になる。つまり、普段のストレスを発散しているのである・・・。「あの人、部顧問していな

↑このページのトップヘ