まず結論から,来年度は部顧問をする,しないは,ここでは明かしません。


BlogPaint




部顧問拒否,遠慮をするなら,ソフトランディング派の私である。

とりあえず全員顧問制度のような,そうでないような学校に勤めています。

基本的に,部活動顧問をすることは,多くの先生には,無理があります。

20代後半で「このままではダメになる。無理ですね。」と感じるようになる。
人によっては30歳を過ぎてから。

朝練,夕方練習,土曜練習,日曜大会・・・。大会運営。保護者の苦情。
部員のトラブル。

「もう無理だ。」となる。当然である。



ある有名人が20年ぶりに仕事復帰した際,思わず発した言葉,
29歳の頃の僕を考えると,あのペースで働くのは無理でしたね。でも周囲の期待や,僕の名前を使って仕事をしている人のことを考えると,仕事を辞めるのは躊躇した。でもやっぱり無理でしたね。あの頃のペースでは仕事はできない。
でも,ペースを変えずに働いている人もいるんですよね・・・。 





本当に,
無理な人には無理なんです。こうも延々と働き続けるのは・・・。

でもね,
できる人はできるんです。←ここpoint


だから,同僚を見渡してください。

できる人は,部活顧問をしている。分掌も授業もできている。

できない人は,部活顧問をしていない。


当たり前ですが,
部顧問ができない人が,クビになることはない。

だから,私の周囲には過去も今も,名前だけ顧問が存在している。

皆さんどうですか? 
名前だけ顧問。

勤務時間内の職務命令で部顧問を命じられたら,引き受けるしかないでしょう。


だから,校長や同僚と対決姿勢ではなく,
「できることはする。できないことはしない。」でいいと思う。

ここで大事なのは説明
・できない説明
・生徒が嫌いではない,との説明

これを,同僚,保護者に説明するしかない。


いっぱい疑問が飛んできそうだ
・主の顧問が倒れたら,どうするんだ?
・保護者が納得してくれなかったら,どうするんだ?
・同僚から嫌味を言われたら,どうするんだ?

主の顧問が倒れたら,管理職,保護者に即相談。
ここで試されると思うね。
ここで主の顧問と同じ動きを無理にしたら,自分まで倒れてしまう。また嘘つき呼ばわりされかねない。
こんな理由で,教頭が顧問を持っているときもある。相当にきつそうだが・・・。

保護者が納得しなかったり,同僚の嫌味は無視するしかないですね。無神経に生きるしかないよ。この辺は大人なんだから耐えようよ。


さあ,まもなく4月ですね。部活で悩むのは仕方ないこと。他にもすることはいっぱいある。

いい学級,いい授業を!