おそらく,一生懸命育てて,大学を出し,採用試験に何度も挑戦し,晴れて28歳で合格。
合格おめでとう。良かったね。本当に良かったね。と言われたはず。

しかし、この惨事である。



父親の無念は,はかりしれない。
父親の音声を聞く限り,本当に感情を抑えていると思う。息子が教えている生徒も亡くなったのだから。

社会人の息子がいる人なら,この気持ちは,わかると思う。
明らかに学校の上司(先輩教師,管理職)が,顧問を要請しなかったのなら・・・。


過去,学校業務が忙しくて,鬱になったり,過労死したりすることが何度も報じられてきた。

しかし,今回は直接部活で亡くなっている。しかも,指導者なのか,あいまいなままに。

本当に小手先だけの改革では済まない事態になってきていると思う。


顧問の配置問題。
そもそも学校に部活を設置する必要があるのか。
勤務時間との整合性。
部活制度が法的に曖昧な面。

このような中で,顧問になれよという若手教師へのパワハラ。
若いから,誰よりも早く,誰よりも前で・・・。というパワハラ。

誰かがこのパワハラに屈しなければ,まじめな若い人にどんどんしわ寄せがくる。

そして,今までのように過労や鬱で去っていく。

ただ今回の雪崩事故に関しては「直接部活が引き金」だからね。

本気で,地域サークルに移行などを考えないと,いけない。

もう,時間がない。





http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00354235.html


栃木・那須町で、登山講習会に参加していた高校生らが雪崩に巻き込まれ、8人が死亡した事故から、3日で1週間。生徒たちを引率していて犠牲になった、大田原高校の毛塚優甫さん(29)の告別式が営まれた。
栃木市の斎場で営まれている毛塚優甫さんの告別式には、始まる1時間ほど前から生徒の姿が見られ、恩師との最後の別れを惜しむ姿が見られた。
ラッセル訓練の先頭班にいて亡くなった毛塚さんは、2016年に教員採用試験に合格し、初めての赴任先となった大田原高校で、剣道部と山岳部の顧問を兼任していた。
2日夜の通夜では、毛塚さんの父親が、登山経験の浅い息子が、ラッセル訓練の引率者として配置されたことに対して、怒りをあらわにした。
毛塚さんの父親は、「正しい判断のできる人はいたのですか。責任者は、なぜ旅館にいたのですか。(息子は)生徒たちの命を守る側なんですけど、雪山経験ゼロの息子には、とてもできないことです。ただ決定されたことを一生懸命にやっていたのだろうと、わたしは思う」と話した。
登山講習会の実施要項には、毛塚さんの名前は、講師として記載がなかったこともわかっていて、主催者の安全管理体制に関しても問題が問われている。