管理職とお話する。雑談交えて。

話した後の感想。

管理職との話はだいたい生徒指導関係・・・。

管理職って本当に人と物の管理だけなんだよねえ。


変えようとしたら近隣校の様子を見る。近隣校と話し合う。そんな仕事なんだよねえ。

決められた枠と今までの慣習の中で変えていくのが管理職なんだから,急な改革は無理だろうねえ。


授業ができなくなるのが管理職なんだよねえ。


そもそも,先生になる動機って授業ですよね。


出勤簿の整理とか,公文書の整理がしたかったのかな??


正直,全校集会において,管理職が素晴らしい話をする場合もある。
でも心まで届かないんだよなあ。


やっぱり担任,授業・・・。これらを通してしか心には届かない。


授業のエキスパートと管理のエキスパートは給料が同じがいいな。

ただねえ。授業が下手になる年齢ってあるんだよねえ。
上手くなる時期もある。
ずっとうまい人もいる。
ずっと下手な人もいる。



生徒のいい顔を見られるから,給料は気にしないでいいかも。


---
それにしても部活で苦しむ先生の顔と生徒の顔は,いつ笑顔になるのだろう。