部活関係で今一番したくないものは,連絡と調整です。
部活は,あの好きだった競技を嫌いにした権化です。




PTAの新聞に部活の写真をのせます。集合写真を一枚お願いします。
この一言で
全員集合できる日をさがし,
ユニホームを全員忘れないようにさせて,
あいつとは写りたくないという生徒を説得し,
個人情報の都合でPTA新聞不可の生徒を割り出し,再度保護者に確認する。
写真1枚でこの業務量である。

昔と全然違う。
その場にいる生徒たちの写真だけでよかった。


デジカメが蔓延しだして,よっぽど仕事が増えた気がする。


卒業アルバムなど,部活の写真は全員が絶対で,ある部活は何度も何度も撮り直しをしていた。またある部活は,何度も顧問が写真屋さんに詫びの電話を入れていた。様々な事情で今日は写真を撮れないという理由を言っていた。正直言ってその顧問の先生は疲弊しているように見えた。「こんな細かい仕事ばっかりだな」とさも言いたげだった。



さらに面倒くさいのはスタメンの決定である。
生徒A タバコを吸った
生徒B 授業中,ある先生に暴行した
生徒C ライターをポケットに忍ばせていた
生徒D 生徒会もする真面目な生徒。生徒会の用事で部活を休むことが多い。
生徒E 毎日部活に来ている。準備片付けまできちんとする。
競技の技能が高い順に言うと A>B>C>D>E である。

外部コーチに任せても何しても,難しいよねえ。しこりが残り,顧問に集中する。


┐(´д`)┌ヤレヤレ


つづき

教育委員会から,部活に関して調査が来ています。
いわゆるガイドラインを守っているかどうか調べる調査ですが,これで一仕事。
部費に関する調査もあった。
熱中症対策の調査もあった。
部員数を報告するものもある。

競技団体によっては生徒の生年月日まで書く必要があるものもある。生徒に書かせてもいいが,一仕事。

地域からは,部活動生徒の帰り方がうるさい。どうにかしろ。わかりました。パトロールします。

保護者「チームTシャツを作りたいのですが?」
顧問「どうぞ保護者の皆さんでご勝手に・・・」
と考えていると,高いだのなんだので顧問に一保護者から電話が鳴る。



顧問一人にいくつものロープがぶら下がっていて,その一つ一つの仕事は小さいように見えて,総量としては莫大になる。それが顧問なのである。

KZ18610cyuzenjiko_TP_V4