数年前,自治体に ”部活の在り方を問い合わせる” ことがやたら「はやり」ましたが,その時は

・問い合わせること自体がニュース,大事件
・慌てる教育委員会
・ざわつくネット

それと同時並行して
・部活顧問つらい
・部活強制入部は嫌だ
とネットで大騒ぎ・・・。

そんな感じでしたね。



今は教育委員会も現場も「部活は自主的な活動」として落ち着いたなあ・・・。(果てしなく遠い目)

中教審答申は現状を変えることもできるが「現状維持」であるのは確かだ。
むしろ現状維持を固定化したと思っている。




同調圧力に屈して,
気が強いor弱いか,

先輩の目が気になって
管理職になりたいかorなりたくないか
じゃないの??


言わせてもらえば
「子育てが済んだから部活にもどってきた」
「介護が終わったから部活にもどってきた」

こんな話聞いたことがない。

部活逃れの事実(子育てや介護)と方便が合致しただけじゃあねえの。
立派だ。尊敬するぜ。



気持ちが強いから,子育て済んで部活にもどるなんてことはない。あんなのやってられるか。てやんでい!!!


今でも独身の先生が部顧問しないことに対して,今でも好奇の目で見られる。
だから自分は自分,他人は他人と考えられる強い人間じゃないとダメなんだよね。

部顧問はしたくなければしなきゃいいんだよ。途中で辞めてもいいんだよ。

時間が余れば,休みは休みでいいんだよ。
苦労ばかりしてきたんだから,勤務時間以外は遊ばせろよ。


もうさ,自治体に苦言を言う団体もずいぶん増えたことだし,背中で働き方改革見せようじゃねえか,現職は。


たださ,発信は続けよう。

1111無題