こんばんは 乾です。


最近は部活問題ブログを書く人も減って,寂しい限りですが,同じことの繰り返しでもいいから,発信しましょうよみんな。




http://inui.blog.jp/archives/3363569.html


twitterの限界も見えるようで見えない・・・。

さて学校では,相変わらず夏の大会で盛り上がったり,引退したりと大騒ぎです。

無論ガイドラインは,罰則なしの形骸化。



最近は小学校も中学校も高校も忙しいということで,働き方改革の旗は高く上がりすぎて破れて(敗れて)きていませんか?



100m走に出る選手は,11秒しか部活しておらず,指導時間も11秒? というような頓珍漢なことも起こっているようで・・・ウソ。
拘束時間は長いですね。・・・ホント。



嫌だったのが,給特法を改正の議論。これで,幾人かが辟易したことは間違いない。


そして
現場から働き方を改善する人,
メディアから働き方改革を提起する人,
働き方改革は自分だけでする人・・・
と,ふわーっと勢いが分散していったように感じる。


しいて言えばtwitterのなかで本気モードで改善する目標が消えたと言ってもいい。中教審のはたらき方部会がなんとか良い方向に行くように,本気でいろいろな人が尽力したのにダメだった。

大学の先生も,数年間かけて調査中ともいう。他の大学の先生も,給特法で何故か遠い感じになった。
いまでも大学の先生には期待していますよ。

現役中学教師のパイオニアは沈黙中。というか,もう言うこともなくなったのだろう。

私も実は言うことがなくなってきている。でも繰り返すのは大事と思う。

生徒指導もそこそこできるようになったし,部活で生徒を引っ張るメリットも感じないし,完全に部顧問拒否するほど不器用でもないし・・・。今の生き方で良いと思っている。


あとはカネのことを考えたら管理職になるのもいいかなと思いきや,さほど自分の能力はなさそうだしね。管理職として部活の大会に応援に行くのも,なんだか罪悪感を感じる。

私が管理職になったところで,高体連は解散にはならんだろうし,ああいった団体は,消えないだろう。だって消したい人が大勢で,本気で,実名で言うことがないからね。
本気を出すなら,部顧問完全拒否のほうが絶対に楽である。どういった手順で解散させるんだ?高体連中体連を? 教材研究する暇もなくなるぞ。


という訳で,今のところ部活問題はみんな停滞気味なのかなあ・・・と思っている次第です。



じゃあ,働き方改革で,定数法の改革かな? と思うが,部活問題解決なくして,果たして定数法が変わるか???????
部活をするくらいの余裕があるなら教員数は増やさんぞ!という財務省のご意見もありますぞよ。

ほら,やはり部活問題に行きつくでしょ。


部活の受け皿は?といったらないよ,そんなの。夜に近所の体育館でやっているスポーツクラブを中学校高校に拡大するしかないよ。



そもそもチームスポーツは大規模校が有利に決まってるじゃん。そして推薦や授業料減免で選手を集めてくる私学が有利に決まってるじゃん。

そして部活漬けになってつぶれる生徒や教員がいるんだよ。

だから外部に移行しろ!と今後も言い続ける。「学校部活動は地域サークルに移行しろ!」



同じことの繰り返しでいいから,部活問題は発信してね。みんな。

例えば
補欠は時間の無駄
怪我が多い
顧問の家庭が崩壊する
部活は無料託児所

いくらでも書いてよ。


ある生徒がいた。
この子は0歳児から保育園,小学校は学童。小学校高学年は小学校部活。中学校も部活漬け。17歳出産。その子も0歳児から保育園。
さまざまな背景があろうが,何度も通ったあの団地は,こんな家庭が多かった。家の中はプラスチックごみだらけ。金銭感覚も鈍い。喧嘩上等と相互扶助の空間。なかなか詳しくは書けないが,何が幸せなのか全くわからない。
何かの教育が不足しているのか,私の考えが間違っているのか? みんな違ってみんないいなのか?
ただし,このままいくと部活栄えてどうなることやら。
何が正しいの??

こういった葛藤に「部活」が多く関与している。部活で救われる?それも正しいかどうかわからぬ。


・・・こんな感じで部活問題を提起してよ。

人が8時間労働で楽しくやっていけるように。



最終的には学校の役割をある程度方向付けるべきだろう。そこに部活がいるのか。いるならどうやって勤務時間内に収めるのか。そうやってみんな発信してください。