不登校調査は学校介さず…来年度数百人聞き取り

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00010001-yomt-soci



経験則から言うと,不登校の原因は,無気力,遊びが多い。
原因不明が最も多い。
担任が変わろうが,転校しようが,不登校は続く。

「だるい」
「なんとなく」
「そもそも小3から学習がわからない」


たしかに義務教育で不登校の受け皿がないのはおかしい。



十分な余裕を教員に持たせるべきかもしれない。
学習内容がつまらないのかもしれない。
学校の制度設計の問題かもしれない。
単位制を義務教育で導入するのもいいかもしれない。わかるまで教える制度が必要かもしれない。



実際の調査では・・・
家の扉を開けてくれるか謎。
昼も夜も家にいないことも多い。
民間の調査機関に委託する理由がわからない。
数百人なら,「数と実態の乖離」を指摘する幹部が調べてもいいだろうに。

封書で回答してくれる場合も少ないだろう。そもそも書かないと思います。

積極的にこの調査を受け入れる層と無視する層が出てきます。
これも大問題です。

公に訴えたい生徒が回答する。
何か秘めている生徒は無視する。

いじめの重大案件が発見されても匿名性を保つために学校には秘密にするのでしょうか?
それとも即,警察が介入でしょうか?


訪問しても学校関係者と思われるし、訪問したことで匿名性はなくなる

非常に繊細なことなのです。