テレビで,音楽監督や舞台監督の特集がある。

また,ナントカプロデューサーとかいる。

ひっくるめて裏方さんだ。


俺らの仕事は「表さん」だ。


そもそも,学校の顔が生徒と先生である。生徒の記憶に残るのも先生(担任)である。

スーパーマン的な人は副担任でも心に残るが「爆発的な人」でないと心に残らない。

機微に触れるところは,やっぱり担任なんだよね。



もう大きな仕事はしたくなくなった。膨大な根回し,資料作成・・・。誰かがしないといけないのは分かっているが,・・・。してもいいですよ。


どーでもいい例だが,ピアニスト。知っている人もいると思うが,ピアノは裏的な楽器である。他の目立つ楽器がいれば,オマケのようになる。下支えってピアニスト本人は言っていた。


他の例だが,芸術系の裏方さんてのは,本当に向き不向きがあると思う。
どっかのタレントが「照明さん」を否定していたなあ。俺は否定しない。裏方をしたくないと言っているのみだ。

「このコンクール,コンテストに彼女を出場させたほうがいいよ」なんていうのは,出場者が出世して,カネになるのを願うのみである。そして利益が出ると何パーセントかは懐に入るという算段のようである。このような裏方さんというか,・・・
他人の仕事をとやかく言うつもりはないが,俺には向いていない。
絶対無理だ。



自分って完全に表の仕事と思う。

黒板が老朽化していたら「変えてくれ」と教頭に言う。
チョークがなければ「揃えてくれ」と。そろわなければ教頭に文句を言う。
プロジェクターがなければ「予算をつけろ」と主張する。
知っている指導主事には「何してんの?」と冗談交じりでからかう。(真偽不明)


じゃあ,生徒が出世しようが,何しようが,目を細めて喜ぶだけ。マージンなんて要求しない。



俺が裏方が嫌いなだけで,裏方を否定しているわけではない。教頭も,チョークをそろえてくれる人も,行政の何とか係も否定はしてないよ。俺がするのは,嫌と言っているだけ。

当然担任も裏っぽい仕事はたくさんするけどね。


最近,教員が面白くない仕事だという人が多いから,全く違う視点から魅力を語ったまでです。副担任しただけでも逃げ出したいほど嫌だからね。