高校教師いぬいのブログ(部活問題)

乾 東一郎(いぬい とういちろう) 「部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。」 「生徒の在校時間の見直しをしよう。」 ブラック部活,教員のうつ病,など 「部活動の不思議を語り合おう」–長沼豊 (著)p114に1ページ丸ごと紹介されています。

高校教師いぬいのブログ(部活問題) イメージ画像

2017年06月

疑問これって内部告発の例ですよね。誰が撮ったのかは、問題にならないのかな?教員が撮影していたら問題になった可能性もありますか?例えば、内部告発の例「うちの〇〇食品は、期限切れの食材を加工しています。床に落ちた食材も洗わず使っています」と映像付きでツイート

顧問になりたくて教員になった人はたくさんいる。それでも不祥事を起こしたり、顧問をしていて生徒とそりが合わない場合、顧問を外れる。この人たちは、どういう心境だろう。活き活きと部活をしている先生たちを見て心がねじ曲がっていくんじゃないか?と心配になってくる。

「それについてはよくわからないので、○○先生(顧問)に聞いてください。」「日程の件での質問ですね。○○先生(顧問)に聞いてください。」名ばかり顧問で、指導しなくてもいいと甘い言葉をかけられても、顧問と副顧問では大きな違いがあります。------【下にぶつぶつ書

「教育の場」何と使いやすい言葉だろう。もめると必ず出てくる。「教育の場を何と思っているんだ!」とかね。学校に対する価値観は万人が持っているので,本当に恐ろしい。以下は外部の「教育の場」のニュース強制わいせつで永久追放=日本体操協会(時事通信) - Yahoo!ニュ

もう一度書くが 教員の精神疾患や病休が多い理由は,病休が多くなりすぎて,フツーに病休が取れること。法律上,復帰できること。復帰後も,教える内容は変わらないことがあげられる。つまり統計資料はあまりあてにならないということが言いたいだけ。例えば,エンジニアが

↑このページのトップヘ