高校教師いぬいのブログ(部活問題)

乾 東一郎(いぬい とういちろう) 「部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。」 「生徒の在校時間の見直しをしよう。」 ブラック部活,教員のうつ病,など 「部活動の不思議を語り合おう」–長沼豊 (著)p114に1ページ丸ごと紹介されています。

高校教師いぬいのブログ(部活問題) イメージ画像

2017年08月

部活動の不思議を語り合おう 長沼豊著 - ひつじ書房やっと手に入れました。-----知り合いの書店に頼んでいました。本が届いたという連絡を受け,書店へ。買うときはさりげなく。路上で開き,にんまり。「いぬいブログ」が本当に載っていた。-----早速,読みます。
『部活動の不思議を語り合おう 長沼豊著...やっと手に入れた。』の画像

いよいよ明日どす。平成19年は裏切られましたから!  ★中教審答申 守られていないぞ平成19年に出されている答申この「第四章  3.部活動に係る勤務体系等の在り方」部活動による時間外勤務が可能な限り生じることがないように、校長が適切に管理・監督するよう指導を

少しお久しぶりです。「残業の命令はダメ」という法律は,最後の手段で言ったほうがいいですよ。介護,病気,子育て,使えるものは何でも使って顧問は断ったほうがいい。法律で相手を押し込めると,後味が悪い。校長だって人間。「やったらやり返す」という自然界の法則が脳

2015年くらいからブログを過熱させてきた。基本は部活動システムにくし! であった。ブログでは,鬱病や平常心といった心のテーマも扱っている。発達障がいも扱っている。学校の組織運営も問題視した。すべて部活につながるエピソードですが。部活と自分の距離を考えていま
『生徒の在校時間の上限設定』の画像

改めて書きます先生の労働時間は8時間生徒に在校時間は( )時間( )に12とか13を入れているのが今の学校。残業が多いとか言う前に、生徒の在校時間を見直そう— 乾 東一郎/高校教師いぬいのブログ (@inui_to_ichiro) 2017年10月4日 NHKの気合の入り方に驚いた。無料託児

↑このページのトップヘ