いぬいブログ(部活問題)

乾 東一郎(いぬい とういちろう) 「部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。」 「生徒の在校時間の見直しをしよう。」 ブラック部活,教員のうつ病,など 「部活動の不思議を語り合おう」–長沼豊 (著)p114に1ページ丸ごと紹介されています。

いぬいブログ(部活問題) イメージ画像

2018年03月

針のムシロ。部顧問拒否をしたら・・・針のムシロに座る気持ち。この件については,いろいろな人のtwitterからも読み取れる。だから,比較的負担が少ない部活の副顧問になり,時々顔を出す。これが最善の回避方法である。なんじゃそりゃ? 永久に解決しないじゃん。というこ

あとは4月2日を迎えるのみ。なんでこんな勤務時間外のことで押し付けたり押し付けあったり,上層部を憎んだり,システムのおかしさを指摘したり・・・不毛だ。不毛だ。不毛だ。今年,部顧問問題を解決しても,また来年がやってくる。こりゃどうしようもない。また来年,考え

今,粛々と部活顧問が決まりつつある。自分の信念で,部顧問拒否をする先生家庭の事情で,できる範囲で協力する先生がっつり顧問をする先生まるで人間性を判定しているみたいで途方に暮れる。廃部予定も決まりつつある。今年度中に廃部する部活を決め,保護者会やOB会と相談
『粛々と部顧問が決まりつつある。』の画像

スポーツ庁ガイドライン・週に2日休み・土日は3時間の練習これでも十分,労基法には違反しているのだが,お決まりのグレーゾーンなので仕方あるまい。毎度のことだ。我慢。でも気は緩めない。今後,週に2日の休みは定着するだろうな。土日試合をして,平日の2日は休みが定着
『スポーツ庁ガイドラインから今後の道のり...。言い,綴る,しかない』の画像

旧ブログ(FC2)ではtwitterを書くようにブログを書いていた。もちろんtwitterをしていなかったからに他ならない。あの時みたいに,方向転換できるようなできないような??一貫して同じことを同じようにするしかないのだろうと思う。

↑このページのトップヘ