いぬいブログ(部活問題)

乾 東一郎(いぬい とういちろう) 「部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。」 「生徒の在校時間の見直しをしよう。」 ブラック部活,教員のうつ病,など 「部活動の不思議を語り合おう」–長沼豊 (著)p114に1ページ丸ごと紹介されています。

いぬいブログ(部活問題) イメージ画像

2018年09月

部活問題についてあれこれ書いてきましたが,いわゆる老舗の人たちのブログは止まり,ツイートも少な目に見える。この背景には,「部顧問辞めて何の問題もなかった」があるだろう。たしかに,部顧問をやめると何も感じなくなる。子どもが小学校に入ると,保育園問題に関心が
『・・・この背景には, 「部顧問辞めて何の問題もなかった」』の画像

いっそ24時間体制にして,3交代勤務にすればよい。24時間学童保育を18歳までする。365日。そうすれば,8時間労働で済む。 乾 東一郎/いぬいブログ@inui_to_ichiro再び書きます『先生』の労働時間は8時間『生徒』の在校時間は( )時間( )に12とか13を入れているのが今の学

長時間労働の元凶は,生徒指導と考える。生徒指導の多くは,生徒間のトラブルである。では,どの状況でトラブルが起こるかを,多くの先生に聞くと,部活内のトラブルがある。競技に全く興味がない先生,いわゆる「顧問をさせられている先生」のもとでトラブルが起きやすい。
『生徒指導によって疲弊している先生を知ってほしい。(長時間労働・部活問題)』の画像

↑このページのトップヘ