いぬいブログ(部活問題)

乾 東一郎(いぬい とういちろう) 「部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。」 「生徒の在校時間の見直しをしよう。」 ブラック部活,教員のうつ病,など 「部活動の不思議を語り合おう」–長沼豊 (著)p114に1ページ丸ごと紹介されています。

いぬいブログ(部活問題) イメージ画像

2018年10月

先日ガイドライン関係について改めて文書が学校から出た。4月にも似たようなものが出たが,本当に改めて出た。学校外からの外圧がかかったとしか思えない。『配付された文書の概要』土日のどちらかは休み。(大会除く)土日の練習は3時間以内平日は1日休み(大会が土日あれ

この4月に交渉したおかげでというか・・・ずいぶん前から部活に関しては徐々に整理したので。土日は時間を確保できる。とはいえ,部活のこともしています。絶妙なバランスで。大切な人との大事な時間を共有することもできるようになった。今思えばあの部活ってものは悪魔のよ

給特法について。これについてあまり書かなくなった節があるが,最近は書かざるを得ないと思う。給特法を盾に,部活を断ることができる。・・・正しい。しかし上位の労基法で断ることもできる。(←趣旨は少し変わる)もちろん採用時の募集要項を見て断ることもできる。では

50歳代の現実 バブル期に採用されたので,そこそこ人が多い。 管理職になっても教頭どまり。 主幹の試験も落ちる。40歳代の本音 氷河期世代に採用されたので,若い時にこき使われた。 管理職などならず,のんびり暮らしたい。30歳代の勘違い 俺は能力があるから,抜擢
『就職氷河期』の画像

組体操が禁止になって2年くらいたつだろうか。当然のことで,教育委員会は英断を下したと思う。前提:組体操は,やめるべき。どのような指導しても危険だ。回想数年前,5段ピラミッドを6個作る練習をしていた。(ピラミッドA~F)指導者は講師経験が少しある初任者。体育科だ

↑このページのトップヘ