いぬいブログ(部活問題)

乾 東一郎(いぬい とういちろう) 「部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。」 「生徒の在校時間の見直しをしよう。」 ブラック部活,教員のうつ病,など 「部活動の不思議を語り合おう」–長沼豊 (著)p114に1ページ丸ごと紹介されています。

いぬいブログ(部活問題) イメージ画像

2018年11月

指導主事クラスの人たちは,教委でクレームを受ける係を1年間。初任者研修担当を2年間。ナントカ展示会の役員を何年間。授業がうまかった人も多い。生徒指導力もあった。カウンセリングマインドもあった。なのになぜ,今,そんな仕事をしている??(誰かがしないといけない

以下のブログを書きましたところ,部活に苦しんでいる先生からは,「あるある」という反応。そして部活問題を考え抜いて顧問拒否か拒否に近い状態の先生からは「昔からそんなことはあったな。関わるからいかんのじゃ。」みたいな反応。ちょっと前までは,踏み絵のように怖が

ある大会の日(日曜日),その顧問は嫌な場面を目撃した。部活動指導員(外部コーチ)が,「昨日の練習を思い出せ! あの作戦で行こう」生徒たちが一様にうなずく。顧問はどんな作戦か知らない。「?」状態。土曜日の午前中は3時間練習した。十分な内容だった。(・・・だか
『「ガイドラインを盾にして,あの顧問はサボっている。けしからん。」』の画像

あの恥ずかしながら趣味がございません。小学校~高校までかなり打ち込んだものが2つありましたが,今思うとなんでそんなことに打ち込んでいたんだと思います。たしかに,部活がなければ,20代から何か趣味を始めていたのかもしれませんが,ああ本当に休みの日は授業準備とブ
『65歳まで定年が伸び,年金支給が70歳だとすると,69歳まで働かねばならぬ。』の画像

働き方改革とたくさん聞こえてきますが,問題は部活動でしょうね。やはり。精神的に安定している先生は部活動とのかかわり方がうまい。A 好きな競技があり,その顧問をしている人B 部活には興味がないので副顧問として極力薄くかかわっている人C 部顧問拒否している人A~C
『部顧問拒否している人は,少し引け目がある感じがする。』の画像

↑このページのトップヘ