いぬいブログ(部活問題)

乾 東一郎(いぬい とういちろう) 「部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。」 「生徒の在校時間の見直しをしよう。」 ブラック部活,教員のうつ病,など 「部活動の不思議を語り合おう」–長沼豊 (著)p114に1ページ丸ごと紹介されています。

いぬいブログ(部活問題) イメージ画像

2019年01月

ついに答申まで行った…。問題点145時間の残業というのが不思議です。残業代が出ないのですから。問題点2部活動は勤務っていうのが不思議です。部活動は必ずしも教員がすべきものではないと言っているにもかかわらず,すれば勤務ですか?勤務なら十分な報酬をもらっている
『いったい誰のための,何のための中教審働き方改革だったの?』の画像

全く同じ行事を何度もやっているが,今回は特別だった。とてもよかった。何でも部活に絡めると言われても言う。書く。”部活を軽くやっているから生徒の状態が見える。”たかだか20人程度の部活と何百人動く行事とはわけが違う。心に余裕があると,トラブルが起きても,落ち

無駄な業務とは思うが,今の部活運営で満足しているので,数年間は部顧問拒否はしない。55歳くらいになれば,部顧問を拒否しようかと思う。ちょっと自分の環境下では部顧問拒否はできないなあ・・・。あと管理職のオファーが具体性を帯びてきたら,部顧問拒否とか無くなって
『クラゲ』の画像

教育課程外の部活やってるくらい暇なんでしょ。だから,予算も人員も増やさないよ。by財務省p433.文教・科学技術公的支出の水準が主要先進国と比べて必ずしも遜色があるわけでもない。 これらのことを考慮すれば、真の課題は、予算の「量」ではなく、予算 の「使い方」

予算だねえ乾 東一郎/いぬいブログ@inui_to_ichiroいじめに関する法律を読んだら、加害者は別室で授業を受けさせることが可能のようですただし別室で教える先生は、予算化されません2019/01/05 13:01:07  

↑このページのトップヘ