いぬいブログ(部活問題)

乾 東一郎(いぬい とういちろう) 「部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。」 「生徒の在校時間の見直しをしよう。」 ブラック部活,教員のうつ病,など 「部活動の不思議を語り合おう」–長沼豊 (著)p114に1ページ丸ごと紹介されています。

いぬいブログ(部活問題) イメージ画像

2019年06月

職員会議でものを言わないということは,果たしてどうなのだろうか?個別に考えてみよう。 今回は1例。「勤務時間前ですが,校門に立って挨拶をしましょう。生徒の表情を見ることによって,生徒指導にも役に立ちます。」ここでAさん「勤務時間外はおかしい。ダメだ!」Bさん

教員になって主任には絶対になりたくないという人がいる。手当ても薄く,労働時間に見合わない。特に早く帰りたい人などは主任や分掌の長にはならない傾向がある。これは公務員の場合,ほとんど給料が変わらないという「安定した職」であるからに他ならない。管理職になれば
『向上心のない人たち 老害と言われようとも』の画像

内申書なんてあまり考えないもんだが・・・おもしろ話がここにある。小中一貫校に初めて赴任した小学校教諭が,同僚になった中学校教諭に言った。「俺の息子は,テストの点数は極めていいのに,54321の評価で3しかもらわない。90点とか95点取っても4だ。たまに3にもなる。な

数年前,自治体に ”部活の在り方を問い合わせる” ことがやたら「はやり」ましたが,その時は・問い合わせること自体がニュース,大事件・慌てる教育委員会・ざわつくネットそれと同時並行して・部活顧問つらい・部活強制入部は嫌だとネットで大騒ぎ・・・。そんな感じで
『背中で働き方改革見せようじゃねえか。』の画像

根性で帰宅しようと思って,どっさり仕事を残して帰る。翌日,朝早く来て,片付ける。単純に机上の整理だけなんだけど,夕方するよりかは朝早くやったほうがいい。でも授業準備だけは,前日にしないとなあ・・・。つまり明日の授業の準備を,今日の朝すれば残業をしないで済

↑このページのトップヘ