以下のコメントをもらい 頷くばかり。


朝のあいさつ運動をPTAまで巻き込んで行う中学校に勤務してます。職朝で教頭が「Pも参加してますので先生方もお願いします。」と言いますが、服務上の扱いについては明言しません。若い教員のなかには「仕事」を思ってる人もいます。
 私が「勤務時間前だが配慮はあるのか。」と質問すると、「協力していただいた先生方には、試験中など早く帰れる日に配慮します。」とのことでした。
 しかし、あいさつ運動実施場所が複数あり、どの教員が参加したのかを把握することは困難です。また、参加した教員の「始業前参加時間」を個別に把握することはさらに困難です。わざわざ、ひとりひとりに尋ねて回ることはしません。
 案の定、試験日に教頭が「今日は試験中ですので、各学年で1人17時まで在校していただき、残りの先生方は『校外補導』としていただいて結構です。」と言います。
 決して、『退勤』とは言わないんです。何か問題が発生したら「校外補導をお願いしていたのですが」といって逃れるのです。


 
しかし、このような同調圧力に負けてはならぬ。