働き方改革の結果,名目上は「定時に帰るのを推奨」の雰囲気がある。チャンスである。つまり,部顧問を断る大チャンスである。

ランクを付けてみよう
A 部活絶対拒否
B 副顧問で名前だけ
C 副顧問で大会には顔だけ出す
D 顧問

いまDの人はCに。Cの人はBに・・・。1ランク上の生活を目指そう。

-------

どうしても部活顧問を断れないような学校で部活顧問を断れば,かなり有能と思う。ありがたい存在だ。

どうしても誰かに負担がいく職場である。その渦中の人が断るのである。これはいい。

-----
「部活は職務命令ですか? お願いですか? お願いなら断ります!」 って言う人もいいですが,あまりお勧めしませんね。喧嘩はあまり良くない。

「私が顧問になると,土日の活動ができませんよ。生徒のためになりませんよ。」こちらのほうがずいぶん楽。

いつも言っていますが,争ってもどうしようもない。