もう一度書くが 
教員の精神疾患や病休が多い理由は,
病休が多くなりすぎて,フツーに病休が取れること。

法律上,復帰できること。

復帰後も,教える内容は変わらないことがあげられる。

つまり統計資料はあまりあてにならないということが言いたいだけ。

例えば,エンジニアが病休をとると,復帰後はかなり苦しい。つまり転職するしかない。

教員の場合,副担任,TTに入るだけでもなんとかなる。
---

だからと言って教員が楽な仕事とは言っていません。



こんな記事,無視されるんだよな ホントに。