教諭等の標準的な職務の明確化に係る学校管理規則参考例等の送付について(通知)

https://www.mext.go.jp/content/20200717-mxt_syoto01-000001234_3.pdf


教諭
 部活は「標準職務例には掲げていない」ですよね。

校長
 そうだ

教諭
 完全ボランティアですか?

校長
 完全なボランティアでもない。
 わずかだが手当ても例年通り出る。部活による職員のけが等も学校が責任を持つ。
 君がいつも言うように「あいまい」だ。

教諭
 勤務時間外の部活ですよね。

校長
 いかにもそうだ。

教諭
 部顧問を断ります。

校長
 今年も断るの?

教諭
 はい

校長
 了解しました。
 他に用件は?

教諭
 他の先生たちにも部顧問を本当にしたいか聞くべきですよ。


校長
 聞いています。「できる範囲でする」と皆さんおっしゃいます。

教諭
 ・・・。

校長
 ・・・。

教諭
 ・・・。

 


全然変わらぬ。


根性ある人以外は,全員部顧問制度。


何とかごまかしながら生きていくのも社会人。
決着をはっきりつけるのも社会人。
正解はない。


ただね。部活がなくなると,生徒指導はぐっと減ると思う。
根本があいまいな教育はしないほうがいい。



答申の別紙2
(「これまで学校・教師が担ってきた代表的な業務の在り方に関する考え方について」)を踏まえ,以下に掲げる学校の業務であるものの必ずしも教諭等が担う必要のない業務や,基本的には学校以外が担うべき業務については,教諭等の業務の縮減を推進する観点から,標準職務例には掲げていないこと。なお,これら業務のうち,学校徴収金の徴収・管理に関する業務については,基本的には学校以外が担うべき業務であり,地方公共団体が担うことが望ましいが,仮に,学校が担わざるを得ない場合であっても,教諭等の業務ではなく事務職員等の業務とする必要があると考えられるため,別途通知する事務職員の標準的な職務の明確化に係る学校管理規則参考例等において,事務職員の標準的な職務として位置付けていること。

【学校の業務であるものの必ずしも教諭等が担う必要のない業務】
①調査・統計等への回答に係る対応に関すること
②児童生徒の休み時間における対応に関すること
③校内清掃に係る対応に関すること
④部活動に係る対応に関すること

【基本的には学校以外が担うべき業務】
⑤登下校への対応に関すること
⑥学校外における放課後や夜間などの見回り,児童生徒の補導への対応に関すること
⑦学校徴収金の徴収・管理に関すること
⑧地域ボランティア等との連絡調整に関すること(地域学校協働活動の一環として地域学校協働推進員等が担うべきものをいい,校務分掌等で教諭等の職務の内容として定められた地域学校協働活動推進員等との連絡調整の職務を除く。)