文部科学省の中央教育審議会「学校における働き方改革特別部会」
「中間まとめ(案)」
が出た。


「部活動を学校単位の取組から地域単位の取組にし、学校以外が担うことも積極的に進めるべき」
(p. 23)

という,うれしい記述があった。
 ★5つのメリット 部活動は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。

地域移行を訴えている私としては最高の文言である。



一方で



「部活動については学校の業務と位置付けられ、現状では、教師が担わざるを得ない状況である」
(p. 22)

と書いてある。



職務命令が出せるのは,勤務時間内なのだ。

つまり「勤務時間外に及ぶ活動はできない」と交渉するしかない。

交渉である。大人の交渉。


口をとがらせて言うのではなく,ひたすら交渉である。



それにしても,誰も得しないことはやめたほうがいいのではないか?

行政も気づいてくれよ。